Loading…

夏の入り口、亡霊気分

Posted by 高見鈴虫 on 29.2006 とかいぐらし   0 comments   0 trackback
こんな仕事、いつまで続けてどうするつもりよ、
と、日々思いながら、
まあ仕事があるだけましか、と思うことも多々あって。

馬鹿やろう辞めてやる、なんて啖呵切るほど若くもなく、
仕事が嫌でノイローゼになる、なんてナイーブさもとっくに持ち合わせていなくて、
自分から積極的にキャリアアップ、なんて向上心もなんか鼻について、
だからと言って、このままこの先、
なにかがどうにかなるなんてちっとも思っていない。

ただ、取り合えずはこの課題を終わらせて、
取りあえずは先の出張までに、
取りあえずは、取りあえずは、が山のように積まれて積まれていたちごっこ。

つまりそういうこと。
たぶんみんなそういうこと。
そうやってみんな追い込まれて行く。
そうでない人は、今はそうでもない人ということで、
いつしかやはり、同じ轍。同じ罠にどっぷりと嵌りこんで。

明日の朝、目が覚めてまだ生きていたら、休みを取って仕事を探そう、
と思ったのは今回だけではないはずで。

ふと転がり出た夏の訪れにため息をひとつ。

ビル街の眩しい陽射しの中、
艶やかにも悩ましげな胸を広げた長い足の女の子たちが、
赤い唇に細いタバコ、尖った指で長い髪を掻き揚げては、
身体中からキラキラと輝くアクセサリーを揺らしながら、
身を逸らせて腰を折って笑い転げて、

ああ、これまるで別世界。

そう、目の前の現実が、まるで別の次元のことのようで、
つまり手の届かない遠い世界の話のようで。
これってつまり、亡霊気分。いつしか影が薄れて行く。

ふと顔を見合わせた同僚と、言葉も交わさずに苦笑い。

ねえ、こんな暮らし続けていて、いつかは報われるのかな。
報われる?報われるってどういうこと?
つまり、ああ、良かった、と思えることって、この先あるのかな、とか。
そういうことを仕事に求めちゃいけないんじゃないのかな。
そういうものかな。
そういうものだと思う。

そして僕達は、いつものとおり、
辞めて行った社員の噂話と、辞めそうな社員の悪口を言って、
そうやって、夏の訪れに背を向けたのであった。


社内虐め~一人残らずすべて珍粕と。

Posted by 高見鈴虫 on 02.2007 とかいぐらし
過去の仕事の行き違いから、客先から呼び出し。
全てやり直してくれ、おたくのミスなんだか、と来られて返す言葉も無く。
これまで強気一本でやって来た分、
ここぞとばかりに社内中から突き上げられて、
孤立無援で申し開きの方法もなく。
そんなことだからね、そもそもね、実は前から思っていたのだが、
と関係ないことのオンパレード。
しまには、あんたね、と俺を呼ぶ奴まで出てきて、
そいつにだけは、あんた?おまえ今、俺をあんたって呼んだのか?笑わせてくれるな、と一言。
一瞬で皆様に凍りついて頂いて今日はオヒラキとなったわけなのだが。
しかしながら、
まあ俺の失敗は俺の失敗、といつになく謙虚な態度で会議を終えて。
帰りのエレベータの中で、まあそんなものだよ、と見え透いた慰めを言う上司に、
あいつら、ただ性格が悪いだけの話じゃねえか、と一言。
あれ、そうだよ、といきなり不思議な顔。
気づかなかった?これってギジュツテキな話でもなんでもない。ただの虐め。みんなただ凄い意地悪なんだよ。
なんでそんな話にうちの身内がただ乗りしてるわけ?
だから、君の身内も実は意地悪だから。
ははは、そうか。そういうことか。虐めってわけ?
そう、虐めだね。そう、そんな感じ。
はは、そういうことか。俺、虐められてるのか。
なんだ気づいてるかと思ったけど。
なんだそうだと知ってたらまとも受け答えなんかするべきじゃなかったね。
そう、いつになく謙虚だな、とは思ってたけど、気づいてなかったのか。
まさか、あいつらまで俺を虐めにかかるなんて、思ってもみなかった。
君が知らないうちにあいつらもちょっと偉くなって、それでやり返そうぐらいに思ってるんだよ。
俺を?あいつらが?笑わせてくれるな。
君らしい答えだね。で、その根拠はどこにあるの?
根拠?なにの?
つまり、その君のその自信の根拠だよ。
はは、そう言われちゃうと返す言葉もないけど。
ササザキが辞めるよ。
え?まさか。
そう、辞める。オフィシャルに。
どうして?
つまり
まさかクビ?この間の件で?
いや、そうじゃない。自主退社。
つまり責任を取って、自主退社?
まあ理由は判らないけどね。個人的な事情だから。
個人的な事情から責任を感じて自主退社?
そう、つまりはそういうことかもしれないけどね。これからますます責任追及モードに入っていくな、うちの会社。もう下手なことはできないよ。
かばってやらなかったの?
かばう?私が?奴を?どうして。
だって、身内じゃないの。
身内?君の言うそのミウチって意味がよく判らないけど。
だって、ずっと一緒にやってきた仲間じゃない。
君ね。たったいま、その身内とやらにこれだけやられていながら、まだそんなこと言ってるの?
身内は身内でしょ。
そう思ってるのは君だけ。だってみなよ、君の大切なあのなんとかちゃんだって、君をかばい立てなんてしなかったじゃないか。
これであいつが俺をかばったらロミオとジュリエットじゃないの。
ははは、君も変らないね。相変わらず意味も無くロマンチックだ。
俺をかばってあいつがやばくなるぐらいなら俺が一人で罪をひっかぶりますよ。
あれあれ、またいつもの騎士道精神。言っておくけど、今回の話、これを蒸し返してるのはそのなんとかちゃんの上司だからね。
ああ知ってますよ。なにを勘違いしてるのか。
なんとかちゃんも立つ瀬ないけど、まあ、仕事である以上、あちらに着かざるを得ない、と。
まさかそれが理由じゃないでしょ?
まあそれも理由のうちではあるんじゃない?いまの感じだと。
まったくどうしようもないチンカスどもだな。
この会社、いつのまにかそんなのばっかりになったね。
俺を踏み絵にしようとでも思ってるのかな。
そう、踏み絵だね、まさしく。今頃小さな胸を痛めてるのかな、なんとかちゃん。
実は胸そんなに小さくないですよ。
判った判った。よく知らないし知る気もないけど。
なんだよ、余計な奴らがごたごた言いやがったのはそういう理由か。
そう、会社にミウチなんて作るべきじゃないよ。
女はともかく仲間は別でしょ。
だから、エンジニアにはもともと身内もへったくれもないの。それが証拠に、
判った判った。意地悪なんでしょ?
そう。意地悪に身内もへったくれもないって。人間そういうもの。
そういうものと思ってしまうからそうなってしまう訳でさ。やめませんかそういうの。
だったら君、できるならあいつらの性格を変えてみてくれよ。
みんなまとめて前歯叩き折ってやったら口数も減るかな。
あのねえ、なんて言ってるけど、君はそれ、本気でやりそうで怖いね、確かに。
今更そういう手段にこうじるってのもなんとなく照れくさい気もするけど。
って言うか犯罪でしょ。
ばれなきゃいいんですよ。警察がいなけりゃ犯罪率も上がらない。
君らしい意見だね。
意地が悪いってのは、もしかしてあなたが一番意地悪だったりして。
まあそれもあるけどね。
つまり?
つまり、なんだね。ああ、もう君ね、今日は帰りなさい。こんな状態ではろくな仕事はできないから。
やっかい払いって奴ですか。
そう、まあ、そう言ったらなんだけど。


KNOCKED UP

Posted by 高見鈴虫 on 18.2008 とかいぐらし
会社の新人、
入社以来、遅刻、早退、無断欠勤、現場ばっくれ、
を繰り返していた馬鹿娘、
今日も朝からやばい会議にしっかり遅れて大顰蹙。
思った通り部長に呼ばれて、
あのこ、クビね。かばい立てするようなら、チミもクビだよ、
とケチな脅しをかけられる始末。
しかたなしに柄にもなく説教モード、
とは言っても、
まあな、確かにうちの会社、
明け方出社、深夜勤務、残業、休日呼び出し、当たり前、
本人は仕方ないにしても、
周りの人間は溜まったものじゃない。
それで、話の終わりに、
もしかして、カレシと揉めてるのか、
と言ったとたん、ポロポロと涙。
もしかしてビンゴ?
と言う俺の目を見て、あの、実は、と言葉もなく。
え、もしかして?KNOCKED UP?
こくり、と頷き。
だって、お前のカレシ、ビザ無しで、失業中で、あれれ、と。
思わず、脱力。
あのなあ、と。
入社したとたんにこれかよ、25歳・・・
思わずシゴトが手につかず、
外に出てタバコを一服。
ああ、あの糞部長になんと言おう、
と、見上げるビル街、
春の風、やさしすぎて、
いきなりほんわかモード。
どうにかしてやるしかねえのかな、と苦笑い。

なんか人間を試されている気がした朝だった。



夏の始まった最初の日曜日

Posted by 高見鈴虫 on 08.2008 とかいぐらし
金曜日は結局10時過ぎまでかかりました。

で、例の子、
あのラティノの、そうそう、
でさ、
最初、おしゃべりしてるうちは凄くいい子だったんだけどさ、
仕事始まった途端やっぱりビッチ(笑
で、とらぶったらなおさら。
なまじ可愛い分、どうしても、
「私は可愛いんだから」が先にたって、
挙句に、これもこれもこれもこれも、そっちでやってよ、
って言ってるように思えてきて、
あらららっと思わず超興醒め。
いくら可愛くても、性格がここまで我ままじゃあなあ、と(笑
これだから雨ちゃんとはまともに付き合えない、
とまたなんか脱力モード。


指の間から砂が落ちるように夏がすり抜けてゆく

Posted by 高見鈴虫 on 28.2008 とかいぐらし
思い起こせば木曜日の朝、
長引いていたプロジェクトもひと段落、
これはこれは久々に平和な週末という奴を満喫できるか、
と、ほくほくとイベントカレンダーなんてのを開いた矢先、
ちょっと、と呼ばれてふと気がついた時には、
末期的なトラブルに見舞われたサーバールーム。
疲れ切ってこれ以上なく不機嫌な人々に、
恐る恐る、あの、なにがあったのでしょうか、と声をかけた途端、
ふと気がつくと顎の下、どころか、旋毛の上までどっぷりとトラブルの沼の底。
ああでもない、こうでもない、とやっているうちに深夜過ぎ。
そのまま帰って昏睡。起きて再びさっきまでの場所に逆戻り。
昨日と明日がまるっきりつながったまま
ふと気がつけば夜半過ぎ。
徹夜は覚悟の上、とは言いながら、
まさか月曜の朝までにはどうにかなっているのだろうか、
なんて、縁起でもない冗談にえへらえへらと笑いながら、
ふと気がつくと夜明けを過ぎて。
昼夜を問わずの際限なく飲みまくっている珈琲に腹もガポガポ。
手足が痺れてまぶたが震え初めて、
タバコをくわえたまま亡霊のように表に出てみると、
そこはまるで、夢のような夏の午後。
タンクトップからミニスカートから、
これでもか!ってなぐらいに剥き出しの肌のお嬢様たちが、
次から次へと目の前を後ろを通りすぎて、
まるで寝起きのままリオのカーニバルに紛れこんでしまったような。
おいおい、ここはどこだ、今はいつだ、俺は誰だ、
とやっている間も無く携帯に呼ばれてサーバールームに逆戻り。
ふと気がつくと夕暮れ近く。
夕暮れと言っても夏時間。
つまり夜も8時過ぎ。
もしかして終ったのかな?
いや、なんかまだまだという気が、
なんていいながら、
そう、仕事の終ったことが信じられないぐらいに、
まさにトラブルの底の底から奇跡の生還。


大人になって本当に良かった

Posted by 高見鈴虫 on 26.2010 とかいぐらし   0 comments   0 trackback
5時を過ぎて会社を出ようとすると、
いきなり物凄くムカつくメールが日本から届いていた。

あの蛆虫野郎、とひとこと。
まあ俺とは部署も違うし、よって直接の実害もない訳なのだが、
そのあからさまにも姑息ないじめ根性、
そのあさましさが見え見えに見える分、

思わずちょっとツラ貸せ、

てめえがその気なら本ちゃんのイジメって奴を
きっちり教えてやろうじゃねえか、
という気にも、なって来たりするのだが。

が、しかし、
幸か不幸か、大人の世界はそうそうと簡単に話はまとまらない。

なぜかと言えば、大人:カタギの喧嘩は口喧嘩、あるいはメールでの喧嘩、つまりは筆喧嘩が基本。

直接的な方法から離れれば離れるほど、その実はますます陰湿化する訳なのだが、

がしかし、
仕事に出かけて前歯を折られたり失明したり、
あるいは、腕が肋が鎖骨が、あるいは、足、なんてのが折れたり曲がったりしない分、
まあ良しとしよう。

そう、大人は平和なのである。

大人になってよかったね、と思うことにしよう。




DESCRIBE YOURSELF 

Posted by 高見鈴虫 on 14.2012 とかいぐらし
午後、ひょんなことから面接の場に居合わせた。

LAとの間で電話会議を繋ぎ、向こうとこちらで面接をするのだが、
俺はそのIT部門からの立ち会い、という形。つまり、黒子。

マイクをセットし終わったところで、
緊張した面持ちでやってきたキャンディデイト。
若い白人のいかにも大学を出たて、という感じ。
紺色のリクルートスーツがまるでボール紙を着ているように似合っていない。
が、いかにも、ついさっきまでテニスコートでボールを打ってました、
というような、無邪気な笑顔。
テレビを前に、ムースで固めた髪を尚更に撫で付けながら、
高揚した頬ばかりが真っ赤に膨れ上がっているようだ。

テレビの向こうに並んだ面接官、
そんな本人の緊張ぶりとは対照的に、
まさに面接に慣れきったふてぶてしさで一杯。
組んだ足の先をゆらゆらさせながら、
ちょっと意地悪そうな銀縁のメガネの縁を光らせては、
そんな絵に書いたような好青年を前に、
ふん、と鼻の先で皮肉に笑ってみせる。
見るからにいかにも人事部、と言った感じ。

では、始めましょうか、
との声に、ハイ、と元気の良い声。

HOW ARE YOU?
YES SIR,IM GREAT SIR

と、はつらつとした笑顔。
と、さすがアメリカ人、プレゼンやら面接やらお手の物、というやつか、と思いきや。

では、まず最初の質問です。

DESCRIBE YOURSELF あなた自身について説明してください。

ん?

TRAVEL AND RESEARCH

Posted by 高見鈴虫 on 21.2012 とかいぐらし
事情があって、久々に自身のレジメ、
つまりは履歴書を更新することになった。

で、いつものように適当に、職歴に直接関係のあるところだけ、
と考えていたのだが、
どうも今回は事情が事情だけにそういう訳にも行かず、

という訳で、高校卒業から始まって、
じっくりと己の半生と向かい合うことになった訳で、
と、とたん、う~ん、と脂汗。
これはこれは。

高校を出てからの一年間、
実はバンドをやっていたわけだが、まあこれは浪人で済む。
大学の留年も、
実はバンドをやっていたわけだが、まあこれも、研究のため、で済む。
で、問題はその後だ。

卒業してから云年間、果たしてなにをしていたのか?

まあ、実はバンドをやめて旅をしていた訳だが、
まさかここに来て、実はバンドをやめて旅をしてました、
とも書けるわけもなく。

という訳で、果たして絶望的に途方にくれていた訳だ。

と、ふと見ると携帯にメッセージ。

ドッグランで待つ、といつもの猛犬仲間から。

まあ気晴らしにでもでかけてみるか、と行ってみたのだが。

***


会社に「ハラスメント」法が必要な訳

Posted by 高見鈴虫 on 01.2012 とかいぐらし
ここのところ連日に渡って「ハラスメント」の講義をこれでもか、という感じに受けている。

当然のことながら、この「ハラスメント」の定義は矛盾だらけだ。

普通の人間であればすぐに馬鹿馬鹿しい、と思う筈だ。

そう、社会生活が馬鹿馬鹿しいものであるからこそ、
「ハラスメント」に対して関心を向けなくてはいけないのである。

ぶっちゃけ、
人間を「理性」で操るなど無理だ。

いくら、「道徳」やら「民意」やら「知性」やら、
と御託を並べたところで、
やる奴はやる、ということは誰にもわかりきったこと。

本質的に矛盾の塊である人間と、
そんな矛盾の塊が集まって作った社会なんてものが、
理性やら道徳やら常識やら民意やら知性やら、
なんていう、曖昧なものの上に立脚させることなど、
土台無理な話なのだ、

というところを前提として、
この「ハラスメント法」が成立する訳だ。

つまり「法律」によって、
無理やりに「良い人」を作ってしまおう、という訳。

馬鹿馬鹿しいって?

これを馬鹿馬鹿しいという人は、
まだまだ人間修行が足りない。

少なくともここアメリカには、
日本人の普通からは想像できないぐらいに、
とんでもなく馬鹿で理性に欠け道徳の欠片も無く
無慈悲で強欲で、犬にも劣るような大外道がわんさかと存在するわけだ。

しかも、そんな外道にも「人権」が認められてしまったりもする訳で、
それがなによりも質が悪い、ということも誰もが気がついている。

と言うわけで、
少なくとも「社会」つまりは会社の中においては、
そんな大外道を「ハラスメント」の振るいにかけて駆逐しましょうよ、
というのがまあ大前提な訳だ。

バカバカしくはあるが、
まあありがたいことでもあるのは確かなことだろう。

「米系企業長期無期限出向」 その1

Posted by 高見鈴虫 on 12.2012 とかいぐらし
そう言えば、と言えば白々しいが、
実は、
8月の末から仕事が変わった。

まあ仕事が変わったといっても、やっていることは同じITで大差がない。

しかもこれまで出向という形で、
長期短期に関わらず色々な会社に常駐してきた為、
今更仕事が変わったといっても
特にこれという実感もない。

ただ今度の「客先」は米系で
会話報告は勿論英語。
仕事の内容はあっちについたらお客に聞く。
時間は8時5時で土日は一応休み。
期限は、無期。
とりあえずそんな感じ。
では成功を祈る。

いままでそんな無理な仕事をゴマンとこなして来た分、
職場が変わったと言ってもなんの感慨もない。

やれやれまたか、と溜息を漏らしている最中、
あっそうだ、今度の仕事、ドレスコードがある。
つまりtシャツジーンズはご法度。
スーツ持ってる?
まあ綿パンにジャケットでいいと思うけど。
まああっちについたら様子を見て、
みたいな。

これまで色々な仕事をこなしてきたが、
不思議なことに、ドレスコードと言うのは始めてだった。
まあだが所詮はITだし、
だったら固いことは言わないだろう。

というわけで8月末から
「米系企業に長期無期限出向」
となった訳で、
まあ色々と楽しませてもらっている。
  

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム