Loading…

幸せもののあいつ

Posted by 高見鈴虫 on 04.2006 今日の格言   0 comments   0 trackback
幸せもののあいつ

世界中の人々が、みんな揃って自分の幸福を願っている、
と願っている、と信じている。

でいきつくさき、この言葉。

あああ、なんだよ、
なんで僕をもっと儲けさせてくれないだよ。
きみたち、まだまだ僕への愛が足りないよ。

ああ、アメリカ

究極の恋占い

Posted by 高見鈴虫 on 12.2006 今日の格言
では調子にのってちょっとその手の話。

もし幽霊が出たら、
想っているひとのことを思い浮かべます。

で、
もし、その恋が片思いのままだったら、
幽霊は調子に乗る。

もしも両思いだったら、幽霊はかき消えます。

3回やって、3回ともどんぴしゃ。

やっぱ浮気はするもんじゃない、と(笑

これって究極の恋占い、だよね。

じゃね

この場所に俺は愛されてる

Posted by 高見鈴虫 on 15.2006 旅の言葉   0 comments   0 trackback
「ああ、この場所に俺は愛されてる。つまり神に愛されてる、って実感してる」

平成えぇじゃないか、でこのバブルも終ってしまうのかね

Posted by 高見鈴虫 on 20.2006 今日の格言
つまりは、日本中を上げての、えぇじゃないか、と言うわけなんだね。

オマワリがエンコーしたってえじゃないか、
ジエータイがトーサツしたってえじゃない、
センコーがシャブ食ったてえじゃないか、
と。

政治は取り合えずとして、
防衛と治安と教育と、という、国という共同体を支える精神的な支柱が、
ことごとく朽ち果てている、というは、いやあ、どうにもこうにも。

まあ、血=金が滞ったのだから、壊疽が起きるのは当然のことだけど、
このままの状態で下手に景気が良くなったとしても、
俄かセレブと、下流階層ばかりが増長されるだけ、という気がするけどね。

おい、今更バブルの二の舞を繰り返すなよ。
あの時に馬鹿騒ぎしないで、ちゃんと将来性のあるものにしっかりと投資していれば、
こんなことにはならなかったんだからな。

少なくとも、アメリカかぶれのエセバブリなんてのを調子付かせるだけで終ったら、
正真正銘この国は終わりだぜ。

人生の貴重な十分の一

Posted by 高見鈴虫 on 30.2006 今日の格言   0 comments   0 trackback
前の選挙の結果を知った時、
貴重な人生の中の、
8年もの間、
つまり、
80年の人生だとしたら、
その一割を、
じょーじぶっしゅ、とともに生きなくてはいけないんだな、
と思ってしまったのは、
俺だけではないだろう。
そして、4年後の自分が、
まさかまだこうして、
じょーじぶっしゅの文句ばっかり言っているだけ、
とも思わなかったに違いない。
こうして、
おれたちはふぁしずむを生き延びたのだんだな、
と、唐突に気が付いた。
人間、大抵のことでは死なない。
  

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム