Loading…

終末を疾うに過ぎて ~ さらばノストラダムス

Posted by 高見鈴虫 on 03.2007 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback
その昔、
日本がまだ、さすがに高度ではないにしても、
成長、なんて言葉が、
まだなんとなくちょっとまじめに信じられていたそんな時代、

つまり、放課後の小学生が、塾にも予備校にもお稽古事にも行かなくても許された時代、
学校が終わったらランドセル放りなげて、
野球とサッカーと缶けりとちゃりんこレースに明け暮れていた、
そんな、古き良き時代。

テレビをつけたら必ずやっていた丸大ハムのコピーにもあるように、
子供は元気なほうがいい、と、
よく言えばワンパクで逞しく、
悪く言えば乱暴でやんちゃな悪餓鬼的行為が、
半ば黙認、ともすると奨励されていた、
そんな、イニシエの昭和の半ば頃、

新興住宅街を我が物顔で練り歩く、
恐れを知らない餓鬼どもを震撼させた3つの出来事、

人呼んで1973年の恐怖の天中殺、
あるいは、怒涛の惑星直列、
すなわち、
エクソシストと日本沈没と、そしてノストラダムスの大予言、が見事にぶち当たった、
あの未曾有の大崩壊ブーム。

いまから考えても、偶然としてはあまりに出来過ぎ、
つまりはそれだけで神の意思、シンクロニシティさえ感じてしまうこの出来事。
あのひとつひとつがそれだけで伝説となりうる、ともすると社会現象化するに足る、
ウルトラメガミリオンサイズの超話題作が、
一挙に3つ、重なりあって襲いかかってきた一大センセーションに、
うららうららで狙いうち、の大合唱に乗せて、
水俣病の魚と石油ショックのトイレットペーパーと赤軍のハイジャックと大洋デパートのおまけもついて、
もうこれだけで、日本中が、完全に持ってかれていたものであった。

そんな中、俺たちの話題は、なんといってもやはり断然にエクソシスト。


悪意の不在

Posted by 高見鈴虫 on 11.2007 今日の格言   0 comments   0 trackback
イルカが癒すのは、
神経症でも、ストレスでもない。
悪意、なのだ。

イルカには悪意がない。
だから癒されるのだ。
つまり、
悪意のない人間は、いない。
ということは、
悪意があって初めて人を成す、というところか。

人の悪意を嫌って憎悪を溜め込んだり、
人の悪意に傷ついて鬱病に逃げ込んだり、
人の悪意を無視して宗教にこじつけたり、
するよりは、
人の悪意と上手く付き合う方法を考えるべきだ、
と今更ながらに思うのだ。
だって人はイルカではないのだし、
イルカはイルカ同士だと割りと大変だったりするかもしれないし。

ビルゲイツは「偉人」であろうか

Posted by 高見鈴虫 on 12.2007 今日の格言   0 comments   0 trackback
ビルゲイツは「偉人」であろうか。
彼はコンピュータを発明した、嘘である。
彼はインターネットを世界に広めた、嘘である。
そう、後世になって、
ビルゲイツって何をした人なの?
って聞かれて、なんと答える?
ビルゲイツ、コンピュータでお金もうけたひと、
ただそれだけ?
大した偉人もあったもんだぜ

美しい風景に出会いたかったら

Posted by 高見鈴虫 on 20.2007 旅の言葉   0 comments   0 trackback
むかしメキシコで知り合ったカメラマンの言葉。
美しい風景に出会いたかったら、
取り合えず、その道端に座り込んで30分でも待ってみること。
で、ふと目をあげると、
そこに思いもよらなかったすばらしい風景に出会えたりする。
変わるのは風景ではなく、自分自身なのです。

YOU ARE MY MIRROR

Posted by 高見鈴虫 on 28.2007 旅の言葉   0 comments   0 trackback
「あなたはわたしの鏡。あなたの瞳を鏡にして、私は私の姿を見ているのだから」
  

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム