Loading…

夢見る犬

Posted by 高見鈴虫 on 04.2012 犬の事情
犬を飼う人なら誰でも知っていることだが、
犬も夢を見る。

寝言も言えば、いびきもかく。
夢ばかり見ている、といってもいいぐらいだ。

観察する限り、犬の見ている夢は大したこともないようだ
普段からのこの犬が大抵そうであるように、
夢の中でも、走ったり食べたり他の犬とじゃれあったり喧嘩をしたりしているようだ。
突っ張った両足で足の指をむにゅむにゅさせたり、
ちゅぱちゅぱと舌なめずりをしたり、唸ったり鳴き声をあげたり。
まあ幸せなものだ。
ひとりでいる時は大抵は寝ているようで、
こうしている今も、かまってくれないと判ると途端に居眠りを始める。
もしかして夢の中でも寝ていたりするのかな。
夢を見る夢なんて見られた日には、
そのまま夢の堂々巡りの中から帰ってこれなくなってしまったりして
と、ちょっと心配にもなる。
おい大丈夫か?そんなに寝てばかりいて脳味噌腐らないか?
揺り起こすと、喉の奥からむぎゅっと呻く。
大きく口を開けてあくびをし、手足を伸ばして伸びをする。
起き上がると同時にぶるぶると身震いをして、
さあどうだ、といきなり大口をあけてにかっと笑いかけてくる。
さあ散歩いくか。
あのなあ、おまえさっき散歩から帰ったばかりじゃないか
ならなんで起こしたんだよ。起きたんだから散歩に行こう。
やれやれしまったな、という時には、すでに玄関に向けてすたすたと歩き始めている。
寝た子を起こす、ではないが、
寝ている犬は無闇に起こすものじゃない。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム