Loading…

まぶだちへ

Posted by 高見鈴虫 on 22.2010 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
なんか、微妙な話だねえ。まじで。

実はこないだ知人でナーシング・ホームでバイトしてる奴と、
子供のアビューズの話とかしたばかりでさ・・

離婚した夫婦の子供で辛い目にあってる子、
凄く多いみたい。



で、もしも彼女にアビューズの跡とかあったら、
即刑事事件>親の親権の移動、
みたいなことになるとは思うんだけど、
でも・・例えそんなことになっていたとしても、
やっぱり揉めそうだね。

親と子供の関係なんて絶対外からはわからないし、
カレシがちゃんと養育費を払っていたか、
とか、そういうことも突っ込まれると思うし、
なにがどう転んでも、泥仕合になることは確実。

そうなるとほんと、
すっごく気が滅入ると思うし、
関わった全ての人が絶対に不幸になるだろうし、
一番困るのは・・まあ子供だよね。可愛そうすぎる・・

で、一番に考えるのは、やっぱり、子供を救わなくては、
ってことだと思う。
誰の子供であっても、子供は子供。人類の財産なんだからさ。

でも判ってるだろうけどさ、

もしもおまえら夫婦がその子を引き取って、
で、同時におまえにも自分の子供ができた場合、
2人の子供を同じように愛せるかって問題もあって。

俺もちょっと犬で経験したけど(笑
子供育てるってやっぱ凄く大変だよ。
親同士、親と子供、ともどもに愛憎入り乱れるしさ。

例えば、
愛すれば愛するほど、
つまりは、甘やかせば甘やかすほどに、
付け上がって悪さばかりするようになったり、
とか(笑
子供は嘘ばかり言うし、
甘やかしてくれるひとにはどんどん甘えてくるし、
かと言って、その人を尊敬しているわけではなかったり、とか。

叱れることが実は一番の愛情であったりしたり、とか。
難しいよね、まじで。

なので、おまえ自身、その際を想定して、
覚悟をまとめておくことも必要だと思う。

ただね、
うーん、
これってやっぱり、
元親同士の話、だと思う。

二人の間のことって、
知りたくても判らないことって凄く多いだろうし、
それはやっぱり、踏み込めないところとかあると思うし、
おまえは踏み込むべきじゃない、と思う。

場合によっては、
彼氏はEXの悪いことばかり言うだろうけど、
それにおまえが賛同してもろくなことはない、と思うし。
EXが彼氏の悪口を言ってくることに対してもしかり。

で、そういうドロドロに対して、
部外者である筈のおまえが巻き込まれて感情的になればなるほど、
EXはなおさらやる気になってきて、益々鬼と化すことは必至!

なんと言っても、EXが望んでいることは、
おまえらカップルに不幸になって欲しい、
しかも、
自分よりも(!)不幸になって欲しい
ってことなんだからさ。

だから、その気になったら、
その為にはなんでもやってくる、と思うよ。
まさに泥仕合。
絡んで絶対にろくなことないし、勝ち目もなにもないと思うし、
結局は全員がルーザー。子供も含めてね。

でね、
そんなEXの錯乱=不幸の原因って、
やっぱり孤独だからじゃないのかな、と思うんだよね。
自分ばかり苦労させられて・・って。
それがこの子供のせいだ、
と思い始めるとまじヤバイと思うけどね。

だから、凄く難しいことだとは思うけど、
言うのは簡単だよね、とは言われそうだけど、
一番良い方法は、
EX妻も一緒に幸せになってもらうことかな、と思う。
それっておまえとっては煮え湯を飲まされるような思いだと思うけど、
それを承知の上で、
そのEXという人とオトモダチになってやることじゃないのかな、と思う。
ダンナを外して、二人で飲みに行って見たり、
一緒にテニスしたり、ピクニックに行ったり、とかできれば、
或いは、相手の再婚(或いは再離婚?)の相談に乗ってあげるところまで行けば、
みんなにとって良い方向に向うのでは、
と思うけど・・・難しいのかな、やっぱり。

あとね、
男親にとって、娘ってやっぱりすっごく可愛いんだよ。
まあ息子でも同じだろうけどさ。子供は何にもまして可愛いと思う。

俺の友達でも離婚した奴ら、
ほんと、そのために後の人生が廃人化するぐらい、
子供に会いたい、ばかり言ってる奴いるし・・
(そいつ元極道やってたようなタフな奴なんだけど、それでもやっぱり会いたい、ばかり言って泣いたりしてる)
でもやっぱり、
そうなることを覚悟の上で離婚してる訳だから、
そのケジメは男としてちゃんとつけること、
つまり、
子供にとって一番良いこととはなにか、
それによって自分にできることとはなにか、
をカレシに確認させた方がいいと思う。
それはとても辛いことだけど、物凄く辛いことだろうけど、
でもそれがケジメだからね。
男として彼氏はまずそれを、
つまりは子供への愛の為に自分をどこまで犠牲にできるかの覚悟を
固めさせたほうが良いと思う。

人生、辛いね(笑
つくづくそう思う・・

がんばれ。
それって愛の真価を試されてるんだよん。
でも、おまえの強さがあれば絶対に乗り越えられるよ。
EXの妻だって、おまえと実は友達になりたい、
と思ってるんじゃないか、と思う。
それは違うよ、と言われそうだけど、
でも、憎しみによってしか人とつながれなくなっちゃった人、
って実はすごく多い。
でもね、
愛も憎しみも表現の違いだけで、
求めているものは実はつながり、なんだからさ。

偉そうにくどくどと書いたけど、

俺がひとつだけ断言できるのは、

もしも相手の人が、おまえ自身とちゃんと対峙してくれれば、
たとえそれがどんな人であっても、
おまえを嫌いになれる人はいない!ってこと。
おまえを嫌いになれる人間なんて絶対にいない!
マブダチの俺が保障する!

なので、自分に自信を持ってね。

で、相手のEXも、
こんな素敵なひとと一緒になれて、
あたしの元ダンナは幸せだなあ、私も努力しなくっちゃ、
と思ってくれるはず、と思うがどうだろうか・・・

LOVE ALWAY! 
まずは汝の敵を愛する=リスペクトすること。
つまりはテニスです(笑

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム