Loading…

地球からしてヤケクソになっている、と思う。

Posted by 高見鈴虫 on 02.2011 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
週末の朝、犬の散歩の途中で空を見上げたら、
いきなり雪の塊がわらわらと降ってきたので驚いた。

雪!? まだハロウィン前だぜ・・

おいおい、と、思わず首を傾げて苦笑い。

今年に入って、
マサチューセッツに竜巻!が起こった、ってのも驚いたが、
ニューヨークに大型台風が来襲し、挙句に地震!まで起こって、
まさに、晴天の霹靂、まさに、ありえないことのオンパレードだな。

なんて思っていたら、おいおい、アメリカの各都市で、なんとオーロラ!が観測されいるらしい。

まさに、安いカタストロフ映画、そのものという奴で。

まあしかし、そんな常識なんて、目の前にそれが起こってしまった時には、
いとも簡単に覆されてしまう。
つまり、現実は現実として認めざるを得ない、ということでさ。

サブプライムも、ベールアウトも、日本の津波も、東電の原発隠蔽も、
まさに、まったく信じられないことばかりなのだが、
そしてこの天変地異。

やっぱり、ありえねえ!
ことではあるのだが、
現実として起こってしまった以上は、もうそれを認めざるを得ない。

つまり、やったもの勝ち、と言うわけでさ。

21世紀は、地球からしてヤケクソニになっている、のかな。

などと思いながら、
ふと足元を見ると、そんなありえない状況など露知らず、

尻尾を振りながら、おい、早くボール投げろよ、とせがんでいる犬。
やれやれ・・

やっぱりね、お天道様に文句を言ってもはじまらないしさ。

天変地異は天変地異で、無邪気にそれを楽しむのが一番。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム