Loading…

よく喋るおばさん

Posted by 高見鈴虫 on 20.2010 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
よく喋るおばさん
まるで喋りを辞めた途端に、そんざいそのものがかききえてしまう、その呪いから逃れるように、
喋りだしたおばさんはおいそれとは口を閉じようとはしない。
そんなおばさんが実は俺と同世代だったりするのを見て、
もしかして高校の同級生だったあいつらが、
メスポリに捕まってふてくされながら
糞うぜえババアがよく言うぜ、
とせせら笑っていたあいつらが、
まさにそんなおばさんになっているなんて
まるで想像もつかない。
とはいうものの、
俺だってたまには不機嫌な説教をすることもあれば、怪しくなって来た前髪を風に煽られ慌てて撫でつける事もある。
昔、年上の女ばかりを狙って居たように、
若い小娘ばかりを躍起になって追いかけては、
ふと我が身に帰って思わず苦笑い。
誰か本気で、無茶苦茶格好良いおじさんおばさんのあり方をおしえてくれないかな。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム