Loading…

やらなくてはならない事がある人間にとって

Posted by 高見鈴虫 on 24.2010 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
やらなくてはいけない事がある人間にとって、
やることのない人間は、
全くもってどうでも良い存在な訳だが、
そういう奴に限って
やらなくてはいけない事のある人間の
足を引っ張ろうとする。

やる事がないのをいい事に
やる事のある人間の足を引っ張る事をやる事にしてしまったりもするのか。

そういう輩をどう避けるのか、
とても辛い問題である。

がしかし、
やる事のないような人間が足を引っ張ると言っても、
もともとやる事のないような人間なので
対した事ができる訳もなく
できるとすれば
ちゃちな嫌がらせ、
陰口やら意地悪やらまあその程度。

顔のまわりをハエが飛び回るようなもので、
気にすればうざったいがそれで死ぬようなものでもなく、
つまりはまあその程度
気にしないに越したことはない。

やる事のある人間はそのやる事に全神経を集中させるべきであって、
バカな嫌がらせが気になるようでは
それだけで負け、と思う知るべきである。

まずは自分に勝つことと、思い知るべし

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム