Loading…

アメリカ女のその醜悪な顔付き

Posted by 高見鈴虫 on 05.2008 アメリカ爺時事
アメリカに来たばかりの頃、
アメリカ人女性のその醜悪な顔付きに唖然とした覚えがある。
確かに足が長かったりおっぱいが大きかったりと言うのもあるのだが、
何よりもその醜悪な顔付きに驚いた。
先ず何より顎の形が悪い。
受け口というより顎そのものの噛み合わせが悪いためか。
おまけにその目つきだ。
上と見ればとたんにメス犬のように媚びた笑いで摺り寄り、
下と見ればまるで台所のゴキブリを追うように、
スリッパで叩き潰そうと追い回すか、
あるいは見なかったことにして電気を消してしまうか。
いずれにしろ、性格が悪そう過ぎないか?
と思っていたのだが、
いつしか女はそういうもの、
そんな馬鹿なわがままも可愛いじゃないか、
と慣れきってしまったのかもしれない。

と、そんな頃、
ふとニホンジンばかりの集団をみかけた時、
なんだこの恐ろしく陰気なペンギンたちのような集団は?
と思ったものだ。

やっぱり人間を束ねて見ているようじゃだめだよな。はい。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム