Loading…

ピードラの弊害 その1

Posted by 高見鈴虫 on 02.2011 読書・映画ねた   0 comments   0 trackback
“成果を上げる人は、最も重要なことから始め、しかも一度にひとつのことしかしない”
(ピーター・F・ドラッカー)

それらしき解釈:
成果を上げるための秘訣を1つだけ挙げるならば、それは集中である。
成果を上げる人は、最も重要なことから始め、しかも、一度に1つのことしかしない。
いかなる成果も上げられない人の方がよく働いている。

耳が痛い言葉だな。これは・・

俺的にはこれは、ながら仕事をやめなさい、という事だと勝手に解釈させて頂く。

つまりは、この状況、
英語の勉強とヘッドフォンで音楽を聞きながら、
右にリサーチ左にレポート真ん中にはやりかけの障害対応が1-2-3-4
戸棚の上に試験勉強用参考書と読みかけの雑誌。
で、その背後には、モニターが2台とLAPTOPが2台、
そのそれぞれにEXCELとOUTLOOKの書きかけメールとVBAがそれぞれ20っこづつ開いて、
ついでに、ITUNEとYOUTUBEとCONSOLEとLOGとがわらわらと走り回り、
FIREFOXとIEとSAFARIのいつ読んだか判らないニュースページでは
FLASHがチカチカとネオンサインのよう。
で、最近ではそれでも足りずに手元にIPADでその脇にはIPHONE。

これを同時進行に進めるというのも至難の技で、
予てより、ああ、プライオリティを絞ってひとつづつ潰していかねば、
と思っているのだが・・・やれやれ、である。

そうだよなあ、一個づつ潰していかねばならないのだが、
と思いながらも、探すのをやめた時に見つかることもよくある話でさ。
などと言い訳をひとつふたつしながら、そうだ、思いついた、あれってこれだ!と。

が、しかしながら、そう、現実的に無理っぽくない?ひとつひとつなんて。

つまり・・なんというか・・・
そう、この仕事、別に成果を上げるためにやっている訳じゃないんだよね。

つまり、なんというか・・・

ただもう、仕事に追い立てられながら、がむしゃらになってとりあえずできるところから潰して行っているだけ。
つまり、唯の浪費。徒労。つまりは、やっつけ仕事な訳だ。

あああ、成果の上がる仕事なんてのをやってみたいよ、ドラッガーさん。

という訳で、とりあえず、座右の銘っぽく、机の前、
STEVE JOBSの遺影の隣りにその言葉を貼り付けてみた。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1137-c0e72ecf

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム