Loading…

「AUSOPEN女子決勝ナリとアザ」

Posted by 高見鈴虫 on 25.2013 テニスねた   0 comments   0 trackback
全豪女子の決勝、
ナリーアザレンカを見るがなかなか面白かった。

女子の決勝でこれだけ緊張感のあるゲームは久しぶりだね。

結局ナリーが競り負け。

中国人の方々は、
足の捻挫のせいだ、
コートが滑り難いからだ、
だ、なんだと、またいかにも後からアヤを着けたがっているだろうが、
それは違うね。

やっぱ敗因はミスが多すぎたこと。

そもそもそれだけミスを覚悟しても、
ギリギリにきわどいところを狙わなければ勝てない、
ってところに問題がある。

あるいは、
きわどいところを狙ってもミスらないアザレンカが一枚上。

みればみるほどにアザはジョコビに似ている。

が、なんとなくこいつらのテニスは狡い気がしてぜんぜん面白くないのはどうしてなんだろう。

ナリーは、負けながら、あっぱれ。

今や堂々としたトップ・アスリートだ。

いつの日か、またあのフレンチオープンの感動を、
と期待してしまう訳だ。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1200-10c33195

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム