Loading…

「才能ややる気以前の問題で」

Posted by 高見鈴虫 on 29.2013 音楽ねた   0 comments   0 trackback
最近、ドラムを叩きこむと必ず手足が攣るようになってしまった。


演奏中にピアニストの指が攣ったら表現力も才能もないように、
ドラマーの足が攣っては仕事にならないんだよねこれが。

いくらやる気や才能があったとしても、

声の出ないボーカリストや、眼の見えないプログラマーでは話にならない。

いつまでも無頼を気取ってるつもりでも年を取るとやはりいろいろでてくるな。

自分という資源を大切にせねばと思い始めている。
自分の出し惜しみか。
もう筋トレなんてやってる場合じゃないということか。

耳小骨は消耗していくもの。
音楽家がつんぼになっちゃな。
ビニーの姿を思いだせ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1206-6aec1289

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム