Loading…

KNOCKED UP

Posted by 高見鈴虫 on 18.2008 とかいぐらし
会社の新人、
入社以来、遅刻、早退、無断欠勤、現場ばっくれ、
を繰り返していた馬鹿娘、
今日も朝からやばい会議にしっかり遅れて大顰蹙。
思った通り部長に呼ばれて、
あのこ、クビね。かばい立てするようなら、チミもクビだよ、
とケチな脅しをかけられる始末。
しかたなしに柄にもなく説教モード、
とは言っても、
まあな、確かにうちの会社、
明け方出社、深夜勤務、残業、休日呼び出し、当たり前、
本人は仕方ないにしても、
周りの人間は溜まったものじゃない。
それで、話の終わりに、
もしかして、カレシと揉めてるのか、
と言ったとたん、ポロポロと涙。
もしかしてビンゴ?
と言う俺の目を見て、あの、実は、と言葉もなく。
え、もしかして?KNOCKED UP?
こくり、と頷き。
だって、お前のカレシ、ビザ無しで、失業中で、あれれ、と。
思わず、脱力。
あのなあ、と。
入社したとたんにこれかよ、25歳・・・
思わずシゴトが手につかず、
外に出てタバコを一服。
ああ、あの糞部長になんと言おう、
と、見上げるビル街、
春の風、やさしすぎて、
いきなりほんわかモード。
どうにかしてやるしかねえのかな、と苦笑い。

なんか人間を試されている気がした朝だった。



プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム