Loading…

我が家の迎客の儀式

Posted by 高見鈴虫 on 26.2013 犬の事情   0 comments   0 trackback
我が家にお客を迎える時、に必ず行う儀式がある。

駅に着いたらまず電話を貰い、そして犬を連れて駅まで迎えに行くのである。

これを怠ると我が家の守護神はもう大変である。

玄関先でピンポンなどやられた日には、
吠えるは飛び掛るは挙句にズボンの裾を咥えて放さずと飛んでもない状態になる。

が、外で出会った人がそのまま家まで一緒に帰ってくると
不思議なことにその限りではない。

がしかし、
普段からまさに守護神の王子様として君臨する我が家のお犬様は、
それでもやはりなんとなく落ちつかなげ。

普段から自身の場所と定義しているソファやサマチェアーにお客が座ろうとするたびに

そそそと近づいてはその場所に先に座ってしまったりする。

あら可愛い、甘えてるのね、と変に勘違いをされて頭を撫でられていたりするが、
それはつまり俺の場所に座るなと言っているのである。

なんとも困った王子様である。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1286-4110521f

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム