Loading…

大人の語る怖い話 その壱

Posted by 高見鈴虫 on 10.2012 大人の語る怖い話   0 comments   0 trackback
俺はすでに大人である。

大人である以上、暗闇を怖れたりはしない。

大人である分、長く生きている以上は
それなりにいろいろな経験もしてきた訳で、
子供騙しの怖い話どころか
本気で死にかけたり殺されかけたり
あるいは本気で人を殺そうと思ったり
つまりはその辺りの下手はお化けの話なんかよりは、
よっぽど怖い思いをしてきている訳である。


あるいは、
ともすると、
もしもこの世に神やら仏やら怨霊なんてものが実在すれば
それこそなんど祟り殺されても足りないいような大悪党が、
平気な顔をしてこの世の春を凌駕している様を何度も目にしてきている訳で、
もしもそんなお化け話なんてものが
実在してくれるならこんなに悪党ばかりが幅をきかせることもなかっただろうに、
などと考えてしまったりもする訳だ。

まあそういうことを承知したうえでも
なんだかあまりすっきりしないことと言うのはあったりするものだ。

迷信でも都市伝説でもない
本当にあったちょっと妙な話ってやつを
覚えている限りメモってみようと思う。

そのうちどこかの賢者が謎解きをしてくれるか
あるいはなにかの寓話にでもなれば良いと思う。

では


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1287-c24ac58d

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム