Loading…

あぷれんてぃす

Posted by 高見鈴虫 on 27.2012 ニューヨーク徒然   0 comments   0 trackback
午後のミーティングを終えて席に戻ると、
着音をミュートにしてあったIPHONEに、
犬の散歩仲間からVoiceMailが残っていた。

まさか、この間からの下痢が悪化して、
なんてことかと思い、慌てて内容を再生してみると、

なんとその内容は、
大規模不動産契約に関する内部報告。

世界的なメガバンクがメインオフィスを移転する話で、
その面積から人数から時期から予算から、
なんて話をしている。

何でこんな話を俺に電話してきたものか、
と訝っていたが、
思ったとおり会話の相手は別にいるようだ。

やれやれ、またIphoneをoffにしていなかった為、
カバンの中で間違い電話が勝手にかかってしまったのか、
と思ったがそれにしては録音の声がクリアすぎる。
と、思っていたら、報告を聞き終えた相手が、
おもむろに話を始めた。

むむむ、なんかその声、どこかで聞いたことがあるぞ。

つまり、、その相手って言うのは、世界に名を馳せる
ニューヨークの不動産王その人ではないか。

いやはやである。

テレビでも有名なこの不動産王、
しかしほんちゃん仕事の中にあっては、
まさに冷静沈着としたいかにも紳士然とした話ふり。

報告ありがとうございます。
状況は大変良く判りました。
この件はあなたに一任していますので、
今後も必要な資料、人材、資金、なんでも要求してください。
信頼していますよ。よいビジネスをやりましょう。
だそうだ。
うーん、かっこいい!
俺もボスからこんなことを言われているみたいぜ。

が、しかしだ、
その当事者である人、
こともあろうにそんな電話を、犬の散歩仲間に漏洩してしまっている訳で。
これ、下手をすると機密漏洩でパクられます(笑

やれやれ
頼むから早くスマフォの使い方に慣れてくれ、
またドッグランであった時に
セキュリティロックの設定でもしてやろうか、
と思っていたのだが。
が、そう、・・
今回はまあ、仕事の話、なんで良かったものの、
この相手先が、まさか某国の諜報部であったりなんかしたら、
なんてまさにスパイ小説の世界。
ちょっとぞっとしてしまった。

いかにもアッパーウエストサイダーな話であった。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1307-bd8ef3df

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム