Loading…

つまるところ血液型性格判断

Posted by 高見鈴虫 on 27.2013 とかいぐらし   0 comments   0 trackback
日本ではこれほど著名な血液型性格判断が、
ここアメリカにおいてはまるでちっとも話題にさえならない。

が、しかし、
うーん、と考えた末に、
いきなりだがなんかつまるところ血液型なんじゃいのかな、
と思ってしまう。

ちなみにうちの部署、入った時からやけにうまく行っているな、
と思っていたら、
ボスはO型、それを支える2人の課長がそれそれ0型とA型。
で不思議なことに、0型課長の下には0型が、
A型課長の下にはA型が集まっている。
アメリカではそれほど一般化していない血液型判断、
だから逆にここまで血液型判断通りの偏った血液型形成が許されたりもするのか、
と思わず笑ってしまう。



という訳で今更ながら血液型判断である。
当然のことながら、外人にだって血液型はある。
そして当然のことながら、それはまさに血液型判断通り。

下手にそれを知らない分、思い切りレアに血液型判断通りの人格をしている人が
割りと多くて笑わせてくれる。

よく言われるのが、白人は0型。黒人はA型で、インド人はB型。
まさにこれ、まったくその通りであったりする訳だ。

という訳でこの血液型、当然のことながら人種を超えた友達関係や
恋人同士にも当てはまる訳で。

レイシストなんてものが未だにいる田舎に行けば、
本人同士の意思や性格なんてものの前に、
白だ黒だ黄色だなんだとそんなものが優先するところもあるのだろうが、
ここニューヨーク。
誰もそんなこと気にしてはいない。

あいつらなんでつきあってるのか?
というカップル実は外面を作っているだけで
中身はもろに血液型通りだったりして、
本人同士にだけはそれが判るので、
彼らの間ではそれがピピンと来ていると。

A型の女はO型と男を捜し、
A型の男はA型の女かAB型がやりやすいが
A型の女とB型の男と一緒にすると完全にガチするとか、
実にやっぱりその通り。

ちょっとあたりを見回すだけで、
そうそう、実は血液型が、という例がいくらでも見つかるだろう。

A型のバンドはリーダーがいなくて結局破綻する。あとライブで上がり症の奴多し。

B型のバンドはだれもマネージメントができないし誰も構成を覚えてこないので
良いときは良いが悪いときは大コケ。

という訳でストーンズ。
多分KEITHはA型、
MICがAB型、
BRIANはO型
CHARLIEがA型
BILLは実はO型なんじゃないのかな。

ちなみにビートルズはJOHNは絶対に0型
PAULはB型でリンゴとジョージはA。

A型の集団はカルト化する。
ちなみにブッシュもフセインもヒットラーもA型だそうだ。
なぜかと言えば基本的にA型の奴は他の血液型の奴を、
「デリカシーと思考能力に欠けるバカ」と思っているからである。

が、バカがやたらと仕切りたがるのを、
まあいいかバカだからな、バカは元気でいいやな、
そういうことはバカに任せておこう、
と大人の顔をして譲ってしまうところがあるので、
A型は押しが弱いといわれる。

が、O型のリーダはAがやってくれたことを良い気になって発表するだけであったりするのだが、
その能天気さのなくなったA型ばかりの集団は、
バカは要らないんだよ、とたんに削除を始め、
次第にはAO型のAもAB型のAもバカ呼ばわりが始まり、
ついにAA型の人間しか入れなくなったりもする。

A型のやばいところはその心の狭さなのである。

A型だけの中でリーダーを決めようとすると、
互いに譲り合いながらもいざ選出された人間の陰口が始まり、
そして決まって憎み会う結果になる。

が、それさえ気をつければ世界はA型だけで十分にまわる。

バカなO型がいなければあんなことにはならなかった。
みなさん血液型を占いなんて言ってないでもっとまじめに受け止めましょう。

もしかしたらこれは神様があらかじめお膳立てしてくれたカースト制なのかもしれないのである。

という訳で会社である。
プレゼンはO。資料作成がA。Oは表の顔だけで台本はすべてAが決める。
なので社長はO。専務・部長がA。クレーム処理専門にABをちりばめる。
他部署もたいていはこの構成。
業務とまったく関係ないところ、たとえばデザイナーやら資料室やらメイルルームとかにB型を置いて
息抜きにさせるってのが一番良くない?

で、各専門部署は職種により適正血液型を大目に配置する。

たとえば営業はO。デザインはBとAB、
経理はAばかり、とか。
が、そういうの、すべては血液型の為せる業、

とりあえず本人の適正=やりたいことをやらせてやっているだけなので給料はみな平等。
社長もデザイナーも給料はみないっしょ、
といかいうと、まさにままごとの会社ごっこみたいでとても面白いね。




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1313-325e3291

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム