Loading…

夏の始まった最初の日曜日

Posted by 高見鈴虫 on 08.2008 とかいぐらし
金曜日は結局10時過ぎまでかかりました。

で、例の子、
あのラティノの、そうそう、
でさ、
最初、おしゃべりしてるうちは凄くいい子だったんだけどさ、
仕事始まった途端やっぱりビッチ(笑
で、とらぶったらなおさら。
なまじ可愛い分、どうしても、
「私は可愛いんだから」が先にたって、
挙句に、これもこれもこれもこれも、そっちでやってよ、
って言ってるように思えてきて、
あらららっと思わず超興醒め。
いくら可愛くても、性格がここまで我ままじゃあなあ、と(笑
これだから雨ちゃんとはまともに付き合えない、
とまたなんか脱力モード。




その後、EDと、営業のCHINTA君と、ANOとで、
あんまり疲れたんで飯でも行こう、
ってことになったんだけど、
よりによってEDのアイデアでバギーに行くことになってしまって、
思った通り店の前でずっと待ち。
土曜日も朝が早いし、ANOも家が遠いから早く帰らせたかったんだけど、
EDが、絶対にバギー!と言い張って、結局30分ー1時間待ち。
おいおいおい、と。

ようやく座れたけど、店中あの感じ。
でもさ、バギー、安いよね。
お客も安っぽい奴らばかりだけど(笑
もらったチェック見て割りと唖然。安過ぎ。
逆に、いったいどんなもの出してるんだよって感じで、
ちょっと怖くなった爆

で、店出たのが12時半過ぎ。
思ったとおり、ANOが彼氏と喧嘩を始めて、
しょうがないのでタクシーで帰らせることにしたんだけど、
金貸したら財布がすっからかん。

で、しかたなく家まで歩いて帰って、
ルーミーじゃなかった、かみさんはもう寝ててラッキー!
で、ひとりで昼のうちに録っておいたフレンチオープンのビデオ見てたら、
思わず朝まで見ちゃって、結局寝不足。

土曜日朝からまた仕事で、
思った通り、ANOが遅刻して来て(笑
で、問題はGEORGE君。
完全にキチガイって言うか、まあ本人なりに考えがあるんだろうけど、
その考えに、他人がまったく含まれていない(爆

なにからなにまで、勝手に適当にやってしまって、
指示通りにやれ、と言うと、指示書が悪い、と文句を言う。
で、結局、滅茶苦茶。
面倒くさくなると途中で投げ出して、また次、みたいな。
さすがに、あのなあ、と文句言ったら逆切れするし。
ANOが怒りまくって貧血起しそうになってて半べそ状態。
まあまあ、となだめていたんだけれど、
挙句に、
HMYにたのんでたアカウントの作成、
結局それもGEORGEジョージがやったんだけど、
パスワードの入力も間違えまくっていて滅茶苦茶。
さすがに、あのなあ、最初から全部チェックしてやり直せよ、と文句言ったら
また逆切れして、うるさい、今やってるんだから俺に構うなみたいな。
で、挙句の果てに勝手にDBのパスをリセットしちゃって・・
しかたなくHMYに電話して、
このガキ、キチガイでもう触らせたくないから、
そっちからリモートで入って全部やってもらえないか、要求。
で、GEORGEには、お前もう帰れって言ったら、
お前、それパワハラだ、とか、言い出して、おいおい、と(爆
つくづく、
自分以外、なんにも見えないんだよな、それが問題、と。

あのなあ、しょーねん、
仕事なんかしてないで、素直にメンホス行くか、
一生家でゲームして外に出ないほうがいいんじゃないのか、と。
おまえがどうなろうと知ったことじゃないけど、
まじで迷惑だから社会に顔出して欲しくないな、と。
だから、家の死んでろ、と。もう二度と出てくるな、と。

で、一人欠けてその分を残りの3人で分担。
結局、追加作業も含めて、土曜日も8時までかかってようやく解散。

あああ、と背伸びした5thAVは
日曜日のプエルトリカン・パレードの準備で大童。
街中を行け行けのお姉さん達が、
これ見よがしに生肌さらしてのし歩いていて、いきなり真夏モード。
なんか自分の暮らしとこの目の前の弾けぶりのあまりの落差に唖然状態。

ようやく家に着いて、ルーミーとピザでも食べようか、と外に出たんだけど、
そこも行け行けの嬌声で話もできずに、辟易して早々に帰って、
で、そう言えば、と朝やってたフレンチオープンの録画、
ソファで見始めた途端にそのまま昏睡。

目が覚めると朝の5時。
あああ、ってなんか、思い切り大損こいた気分。
昨日の作業報告かかなくっちゃ、と思ってPC上げたら、
あいつからのメール。
相変わらず危なっかしいな、と苦笑い。
夜遊び以外なんにもない、ってのもなんだけど(笑
少なくとも、仕事ばかりで、夜遊び=社交、というか個人生活、なんにも無し、
の状態よりはまだましだろう、と。
ちょっとうらやましいな、と。

んなこと考えていたら、朝からつくづく気が滅入って、
近所の公園に壁打ちでもしよかと出かけたら、
なんか後ろのベンチでずっと見ていた犬の散歩のお姉さんが、
なんとなく話かけてきて、
ねえ、良かったらそれ私にもちょっとやらせてくれない?
とかなんとか。
で、ちょうどタバコ吸いたかったから交替。
そのまま犬の紐持たされて、タバコ吸いながら、
おいおい、ラケット擦るなよ、とか思って彼女を見てたんだけど、
思ったとおり、ぜんぜん行けてない、
っていうか、サンダルでテニスやろうってのからしてちょっと頭おかしい。

でも、改めて見るとなんか可愛い子。
っていうか、普通の意味で割と凄く可愛い子。
金髪白人系で痩せ型で、細腰貧乳系ながら足がずらっと長くて、
これ、割と、って言うか物凄くGOOD LOOKING。

ははあ、ありがとう、やっぱり駄目だ、って真っ赤な顔して汗拭いて、
で、タバコくれる?とか言いながらなんかベンチでおしゃべり。

で、なんとなく、
ブルドッグは凄く人間の表情に似てて、って話。
でも、この犬、君に似てないけど、じゃあ誰に似てるの?
って聞いたら、
ルーミー、というか、多分カレシ、の犬だったんだけど、
最近ブレイクアップしてしまったそうで、
なら、家賃大変だね、と言ったら、
もう買ってあるから、と余裕の笑顔。
なあんだ、金持ちの娘か、つくづくうらやましいな、と。

あのさあ、アメリカってほんと、親抱え、というか、
親の金で生活してる奴、ばっかりって感じがして、
なんか、汚い=アンフェアだよなあ、と昔から思ってたけど、
端から親の金で生活することを前提にしてれば、
他人のことなんか一切関係なし、で済むんだよね、と。

俺が友達友達と言っていたのは、
親を頼れないから、友達頼るしかなかったからなんだよな、
とか、思ってしまって。
今、友達が減ったのは、つまり友達を頼らなくても
一人で生きていけるようになったからなのかな、
とか。
ルーミーと別れたら、
俺はたぶん、ずっと一人でテニスやってるだろうな、
それでもいいかな、と思っていた。

で、その犬の散歩のお姉さん、
金髪にタンクトップにむき出しのショートパンツで、
LAのビーチからその格好でやって来た様な割と行け行けお嬢様って感じ。
よくよく見ると金持ちのムード満杯。
つまり、ぜんぜん生活感がない。

で、朝食は?
って聞かれたんで、まだだよって言ったら、
家に来て一緒に食べない?
って話。
ベランダがあるから、そこで食べたら凄く気分が良いわよ、って、
ほらあそこって空を指差した先が、最近建った超高級コンドミ。

ああ、あのビルの中身、前々からちょっと見てみたいな、と思ってたんだけど、
実は、9時からフレンチ・オープンの決勝があって、
って話をしたら、ワオ、一緒に見ようよ、って言われて、
ははは、と苦笑い。

なんだかんだと言いながら、
犬のおねえさん、携帯の番号とか聞かれたんだけど、
今持ってないし、覚えてないし、とか適当に誤魔化して、
結局、じゃね、って感じで別れてた後、
なんか、自分でも???もーど。

この間のハッパのおねえさんもそうだけど、
なんか、最近、こういうスポット系の誘いが多いな、
そんなに溜まって見えるのかな、とか(笑
で、俺ってなんでそういうの断っちゃうのかな、
とか。
別に誰にミサオを立ててるわけでもないんだけどさ。

なんか、こういう簡単なのって、どうも気が乗らないというか、
どうしてなんだろうな、へたれになったのだろうか、
とか思っていたら、

なんと犬のお姉さん、またまた戻ってきて、
はい、とメアドと携帯の番号。
近所のデリで紙とペン借りて来たらしい。

まじめのまじめにテニスを教しい、と改めて言われて。
と言うか、クラスは取っているのだけれど、
全然上手くならない、らしい。
で、時間がある時、ここで教えて欲しい、とかなんとか。

私、あなたみたいにボールが打ちたいのよ、
いつも上から見てたのよ、
朝もみかけて、あ、チャンスと思ったのよ、
と言われて苦笑い。

上から見てたら私にもできそうな気がしてたんだけど、
やっぱり駄目ね、と。

で、改めてみたら、10代かと思っていたら、
実はそんなこともなくて。
もしかして、離婚したのかな、とか。

確かにね、
夏が始まったばかりの日曜の朝の六時に、
一人で公園で壁打ちしてる奴が、
幸福である訳がない、か、と。

慰められたのは、逆に俺なんだな、とその時気づいた。

他人は必要だよね。

世の中、どんどん、個人主義というか、
一人の殻にこもってしまう、つまり、一人でも楽しく生きていけるようになってきたけど、
やっぱり、他人って必要なんだよ、と、ふと。

あいつ、やっぱりルーミーとくっついちゃったのかな。
それだけはやめろって言ったのに。

まあでも、俺にできることなんかなにも無いしな。
他人は変えられない、といってしまうのはあまりに悲しいけれど・・

ああ、夏が始まったんだな。

フェデラも負けたし、テニスにでも行くか。
今日は暑いから多分ガラガラだよ。ちゃんす!




プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム