Loading…

「生活の決まりごと」

Posted by 高見鈴虫 on 25.2013 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback

最近ちょっと靴がきつくなったな、
と思っていたら足の爪が伸びきっていた。
で、週末の朝、散歩から帰ってようやく一息ついた時、
この機会にとえいやあと足の爪を切ったのだが
思ったとおりまた深爪をした。
いてて、また深爪した、という俺に、
あんた、バカじゃないの、とかみさんの冷めた声。
だから、伸びるだけ伸ばしていっぺんに切ろう、
っていうそのがっつきが原因なんでしょ。
ちょくちょくちょっとずつ切ればそんなことにはならない訳。
うーん、そうか確かにそうだ、と今更ながら目が覚めた。
あんたさあ、とかみさん。
髪の毛もそう。伸びるだけ伸びてもう限界ってところで床屋に行って、
で、切れるだけ切っちゃって。わーい、別人だ、なんてバカみたい。
爪もそう、髭もそう、ご飯もそう。この間までお風呂だってそうだったじゃない。
貯めるだけ貯めて一挙にっていうの辞めたほうがよくない?
なんで、月にいっぺん、とか、週にいっぺん、とか毎日何時に、とか
そういう規則正しいテンポを作れない訳?

と言う訳で、そう確かにその通りである。
が、なんとうか、そう、その劇的な変化が楽しい訳で、
つまりその、そういう決められたことが嫌いな訳で、

と言ったら完全に呆れられた。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1385-8a3c75aa

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム