Loading…

アメリカのDEADEND

Posted by 高見鈴虫 on 11.2013 とかいぐらし   0 comments   0 trackback
アメリカの田舎は、
どこに行ってもDEADENDの香りがする。

フリーウエイと広い空と山、川。
しかしどの風景を見てもなぜか鬱々としてくる。
と言う訳で田舎だ。
例え通りに人がいないからと言って、
そこで都会的な視点で駄目だしをしてはいけない。
田舎には田舎の美学がある。
つまり田舎に行ったのであれば、
思い切り田舎を楽しむべきなのだ。

広い家。
緑の芝生。
青い空。

なにも悪いことはない。

そこに文化やら芸術やら人の営みを期待してはいけないのだ。

山があれば山で、
川があれば川で遊ぶ。

テニスをやって、フライフィッシングをやって、
キャンプをしたり山登りをしたり、川原でBBQをしたり、
裏庭でショットガンを撃ったり。

まあそれぐらいしかないのだが、
それをすればなんとか田舎でも間がもつではないか。

という訳で田舎を思い切り楽しむには。。

自宅にスタジオを作ってしまうことかと思っている。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1420-232656f0

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム