Loading…

ニューヨークで一番凄いイケイケと言えば

Posted by 高見鈴虫 on 02.2013 嘗て知った結末   0 comments   0 trackback
ってな感じで、
週末の夜のニューヨークで一番凄いイケイケと言えば、
実はなんと、コリアンであったりするわけだ。

六本木あたりを徘徊しているコリアン娘達を彷彿とさせる、
まさにスレンダーなボディーに濡れた半紙一枚、
のようなきわどいスタイル。

まるでしなだれ柳のような、信じられないほどに細くしなやかそうな腰つき、
いまにも折れそうな肩とそして細く長く腕。
そしてあの抜けるように白い肌。
膝どころか太腿の間にさえ隙間が開く細い足に、
まさにお尻の谷間のその奥まで食い込むような超ミニスカート。

確かに白人娘の爆裂バディや、
黒人娘のまるでインパラのような超人的長足、もさることながら、
このコリアン娘達の、あのピンヒールによろけながら、
深夜のマンハッタンをしゃなりしゃなりとそぞろ歩きする姿、
まさに、おいしそう。思わずさらってしまいたくもなる、というもの。

がなあ、でもさ、いくらナイボだって言っても、
所詮はコリアンだろ?

ロンゲで顔隠してごまかしているんだろうが、
あの糸目に、エラの張った四角い顔だろ?

と思えば、うへえ、それが違うのである。

つまり、くりんくりんのどんぐり瞳にバチバチの付けまつげ。
それに加えて面長な顔立ちにピーチのような頬が赤く染まって。。

これぞ、まさに、東洋美の全て、まさに完璧!

つまりは、まあ、そう、
多分結局、いわゆるそれこそが整形なのであろうが、

だからなんだよ、と言ってしまうぐらいに、
あの子たちのあの艶かしさ、

いやあ、プロやなあ、と関心してしまう。

やっぱ、金かけてるってのは違うわ、と思い知った訳である。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1478-caa9cb85

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム