Loading…

西海岸の北国村

Posted by 高見鈴虫 on 09.2013 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback
なぜか西海岸の人々とは気が合わない。

西のあのあっけらかんとしたパームツリー的風景と、
ニューヨークのこの混沌とした都市の型の美点の差、

あるいは、JAY LENOと、DAVID LETTERMANのセンスの差、
と言ってしまったほうが判りやすいか。

まあつまりは、好き嫌いな訳で、
そう言ってしまえばそれまでなのだが、

がしかし、
実はそこにもう一つの盲点がある。

西に住む日系人には妙に北国出身者が多いのである。

そう思えば、
と、LAに在住する俺のまぶだちも、そう言えば札幌出身。
で、
西海岸の風の元、日がな一日テニスばかりして暮らしている奴なのだが、
果たしてろくな仕事がないそうで、連絡をすると決まって仕事を探している。

あぁあ、いい仕事ないかな?
この間の仕事はどうしたの?
辞めたよ~、だってひどいんだよ、だってさ。。

という訳で、毎回ながら、
そんなことならニューヨークに来てしまえばいい、
と言うのだが、
答えはいつもNOである。

もう寒い思いは一生したくない!というのが理由である。

それに加えて、狭いところが嫌いで人ごみが嫌いで、
と続くともう返す言葉もない。

まあニューヨークも夏ならば楽しそうだけどね。
また遊びに行くよ、と軽くいなされてしまう。

でもさ、とそのまぶだち。

あんたこそなんでLAに来ないの?

テニスが好きで海が好きで車が好きでROCKが好きで湘南の生まれで、って、
まさにあんたにぴったりじゃないの、っていつも思ってるんだけどね。

そう、それなのである。

俺はなぜLAに行かないのだろうか。



そう、そうなんだよ。
ちゅうわけで、なんで俺はLAに行かないのだろう。

まあつまりはNYCが好き、というのもあるのだが、
問題は、そう、あの閉鎖感ではないだろうか。

LAに行く度に、そこに一種のどん詰まり、
つまりは、窒息しそうな閉鎖感を感じる。

海に面したLAで閉鎖感もないだろうとは思うのだが、
どういう訳かその風光明媚な環境にそぐわず、
そこに暮らしている人々が、妙に煮詰まった人々が多いからだ。

思考回路が単純な分、極端に即物的で、
そして人の表情ばかりを探っているところがあって、
いつも影でこそこそとせこい悪巧みばかりしている表情で、
で、ちょっとでも弱みを見せれば、
してやったりととたんに威張り始めたり。

なんでこんなに素晴らしい場所で、
これほど鬱屈した人格が生まれるのか、

と思う訳だが、

それはつまり、海に面して海に隔てられた人々は、
海という壁を前に人的な意味では閉塞してしまっているのではないか、
と思うわけである。

つまり、村社会、ぶっちゃけ、田舎者なのだ。

何年居ても日系社会ドボンの人々の率が異様に高く、
そんな中でヘタに英語を喋ると顰蹙まで買う雰囲気がある。

まあそこまで日系社会で充足できるぐらいに、
日系人の歴史も人口も多いのだろうが、
なんとなく、そう、まさにそれが、
物凄く気詰まりな訳である。

そこへ行くとニューヨーク、

摩天楼が乱立するビル街の谷底を、
まるでねずみや蟻のように這い回る人々。
世界中から集まった人種という人種が、
壁一枚を隔てた狭い部屋の中で、
身を寄せ合うようにして暮らしている街。
夏は蒸し暑くコンクリートのオーブンの中で蒸し焼き状態。
冬はシベリア並に寒く、外を5分でも歩けば見も心も凍りついてしまう。

確かにそんな中にいるとますます追い詰められて鬱屈してくる、
というところなのだが、
どういう訳かこの街が暮らしているとあまりそんな気持ちにはならない。
なでなのだろう、と考える上に
まさにその理由は、開放感ではないか、と思うわけだ。

つまり、場所的に閉塞された中にあって、
犇き会う人々はまさに海のよう。
つまり、人の海、ではないのだが、
人間関係にくさくさする必要がまるでないのだ。

確かに嫌な奴もいるにはいるが、
まあ色々な奴がいるさ、で済んでしまうところがあって、
そう、後腐れが無いのである。

基本的に人好きな人が多く、
基本的にお祭り好きな人が多く、
原則的に人間関係には心の底からうんざりしているのだが、
他人から気を使われない分、他人に気を使う必要もなく、
しかし、ひとたびなにかがあると、
そんな雑多な人々が一瞬のうちに心を一つにする。

そんな人の海の中を、自由に泳ぎまわる感覚は、
まさに都市生活の開放感な訳である。

と言う訳で、どう、ニューヨーク来ない?
と再び問えど、
え?ニューヨーク?まあねえ、春と秋なら良いけど、
夏と冬は嫌だな。

お前なあ、いつまで立っても天気の話ばっかりだな。

だってそうだよ。天気が悪いと人も悪くなるでしょうが。
天気、大事だよ。

そっか、天気の方が大事かな。

そう、一面に海の見える3ベッドルームで、
私専用のソファと私専用のキングサイズベッド。
映画館みたいな特大モニターに、部屋中に観葉植物を置いて、

ほら、また、物のことばかり。

そうだよ。物って大事でしょ?

そういうのを即物的って言うんだよ。

物以外になにがあるっていうの?私好きだよ、好きなものに囲まれていたいもの。

本読んだりとか、音楽聴いたりとか、芸術に触れたり、とか、もっとそういうのないのかよ。

ああ、そうだねえ、ベランダにハンモックをつけたのよ。で、そのハンモックでさ、風に吹かれながらモーツアルトとか聴きながら、ペーパーバッグとか読んでさ。で、レモンを浮かべたアイスティーにブランディ垂らしてねえ。いいなあ、そういうのも。

まるで大滝エイイチだな。

誰それ、しらない。

お前、英語の本なんか読むのかよ。

まあ格好だけよ。格好だけ。まあ多分雑誌になるんだろうけどね。

女性自身とか?

そうそう、そういうの。パーマ屋さんにあるような奴。

西海岸に居ても頭の中はまるっきり日本のままなんだな。

そりゃそうだよ。頭の中は変わらないって。変える必要もないっていうか。

と言う訳で、そう、西海岸の人々とはまさにすれ違ったままの平行線。

でさ、そうそう、いま時間ある?と続けば、その後に来るのは・・・

この間さあ、と始まるまさに怒涛のような日系人社会の悪口、な訳である。

本当にとんでもないっていうかさあ、信じられないことする人、多いよね。

な訳である。

と言う訳で改めて質問することにする。

LAってあれだけ気候が良くて、なんでそんなにネチネチした奴ばかりなんだ?

ニューヨークにはいないの?そういうひと。

いないってより気にしないよな。なによりそんなねちねちした奴、この街には住めないと思うよ。人多すぎていちいちそんなネチネチしてる暇なんかないっていうかさ。なにかにつけて後腐れがないよな。無さ過ぎる気もするけど。

そうなのかな。

うん、LAの奴の方が人間関係どろどろしてると思う。

どうしてかな?

判らん。ニューヨークはあっさりしてるよ。喧嘩しても離婚しても、あっそ、じゃね、ってその場を3歩でも離れればまた違う出会いがあるしさ。

そうなんだよねえ。確かにLAって出会いが無いよね。

車社会だしな。

煮詰まっちゃうところはあるよね。

目の前が海なのにね。

基本的に人間があまり好きじゃないひとが多いんだと思うよ。人に頓着しないっていうか、はなから他人なんか眼中にないって言うか。

暮らしを気候で選んだ人たちの集まりだからね。

そう言えばさ、そう、この間、周りを見回してみたら、寒いところ出身の人ばかりなの。

そう。私と同じ。東北とか、日本海側、とか、そういうところ。もう一生寒い思いはしたくない、って思ってLAに逃げて来たみたいな人たち。
でそういう人が集まって、ほんと、気候がいいわよねえ、って天気のことばかり話してるの。

で、ひとたび離れれば、人の悪口ばかり言ってるんだろ?

そう。そういう所あるね。そこに居ない人の悪口ばっかり。私も影でぼろくそ言われてるの知ってる。誰が言ってるかも知ってる。

東北だよあ。メンタリティ。

東北だよねえ。うじうじねちねちした村社会っていうかさあ。

部落っていうんじゃないんだよな。

そう、結束力みたいなのまるでない。

つまり、表向きは良い事ばかりいいながら、胸の中では妬み嫉み、中傷嫉妬、ばかりなんだろ。

ニューヨークはそんなことないの?

上見りゃ切りが無いし、下見ても切りがないしな。あんまり他人と自分を比較しなくなるよね。

でもすっごいお金もちとかも居る訳でしょ?

そういう人たちはそういう人たちで勝手によろしくやってるんだろ?

密室の中で?

そう、密室の中で。

あんたは?

だから、俺は俺。他人は知らない。目的に応じて趣味の会う奴が集まって、で、利用できる人は利用して、終ればじゃあなっと。名前も聴かない。

まるでテニスの相手だ。

そう。地下鉄ですれ違った人、みたいな。

それも寂しいよね。

基本的に一人者の街だからな。くっついては離れとやりながら、基本的にはみんな一人。

LAで一人でいると寂しいよ。

なんか判る気がする。

またNEWYORK遊びに行こうかな。

おいでおいで、いつでもおいで。

そうだね。ねえ、NEWYORKにさあ、西から来た人ばかりが集まる店とかある?

さあ、探せばあるんじゃないのかな。でも相手探すならLAにだっていくらでもHOOKUP SPOTあるだろ?

それがね、そう簡単にもいかないのよねえ。ほら、村社会だしさ。

そうなんだ。いろいろ難しいね。

そうなんだよねえ。まあでもいいか、気候がいいし。

そうだな。気候が一番だよ。

ねえ、LAにも遊びに来て。あなた専用のソファとあなた専用のベッド買っといてあげるから。

あれ?一緒じゃないの?

言ったでしょ、あたし寝るときは一人じゃないと眠れないのよ。

LAだね。

なにが?

広くて良いよな、って。うちなんか、かみさんと喧嘩したってなにしたって、同じところで寝る以外ないからな。

相変わらず仲良いんだね。

あんまり喧嘩し過ぎて、もうそんな気にもならない。

私達も、NEWYORKに住んでたら離婚しなかったかもしれないな。

俺たちも最初からNEWYORKに住んでいれば結婚なんかしなかったかもしれない。

そうだね、私もそうかも。もう遊びまくってたかも。

一番危ないパターンだな。東北の奴がニューヨーク来ると歯止めが利かなくなって暴走することが多いらしいし。

なんか判る気がする。鬱屈とコンプレックスの塊りだからね。北国の人々は。

あんまりつきあいたくないタイプだよな。

わたしは?

お前は北国って言っても北海道だからさ。大陸気質というか。

うん、よくそう言われる。北海道の人は大らかでいいねえ、とか。馬鹿にしてるのかって。

東北の奴は東北の奴で、自分達の鬱屈とコンプレックスにそれなりのプライド持ってたりすんだろうな。俺の鬱屈は誰にも理解できねえ、させねえ、なんてさ。笑わせるって気もするけどさ。

そうなんだよねえ。東北の人、まじで勘弁っていうか。LAの日系そんなのばっかりっていうかさあ。

堂々巡りだね。

もうちょっとバランスのいい場所ないのかな?気候が良くて海が綺麗で人が優しくて。

マイアミ、とかね。

マイアミかあ、行ったことないなあ。

今度行って見る?SONY ERICSONの時とかに。

そうだねえ。言ってみようかな。こっちにいると日系村にどっぷりで息詰まっちゃうし。
ねえ、そう言えば、マイアミって日本人いるの?

さあ、あんまりいなそうだよな。

あ、だったら日本食とかないんだ。

あってもなんちゃって系だろうね。

ああ、だったら駄目だ。私、ほら、日本食オンリーだし。

日本食オンリーの奴がなんでわざわざアメリカに来るのか、と。

そうそう。でもLAってそういう人、多いよね。

基本的にコンサバな人たちの集まりみたいだよね。

そうそう。なんてったって村社会だから。

LAの日本人村かあ。なんかぞっとするよね。

そうそう。なんかみんな兄弟だったりして。

え?どういう意味?

嘘うそ。じゃね。またね~!


みんな兄弟?
北国の人ってやっぱエスキモーに似ていたりとかするのかな。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1485-12439662

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム