Loading…

「殺人超音波」

Posted by 高見鈴虫 on 10.2011 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback



耳触りな言語と言うものがある。

俺からすると、中国語!
それも北京語のうるささは尋常ではない。

ベンガル語を筆頭とするインドの言葉もうるさい。
アラビア語もなかなか相当にうざったいのだが、

どういう訳かフランス語、あるいはスペイン語はやけに耳に馴染む。

耳慣れない発音が多いせいか、とも思うのだが、
その耳へのつき方が、女の声に多いことから、
これは言語というよりは、発声方法、声の出し方、
あるいはその周波数によるものか、と思うわけである。

日本語でもキンキン声というのがあるが、
女性の話す北京語あるいはインド声はまさに殺人超音波のようで、
聞いているだけでまじで頭が痛くなる。

なぜもうすこし落ち着いた話し方、あるいは発声ができないのか。
そのような耳障りな声で話すようにという取り決めがあるのか。

そう言えば、同じ英語と言っても、
若い女、それも決まってイケイケ風のアメリカ娘の話す、
あの舌ったらずで鼻にかけるような話し方は妙にイライラする。

というわけで、
そう言えばもっと身近な言語でもこれに似た殺人超音波があったな、
と思い浮かべた。

それはまさしくAV女優のアンアン声である。

なんであんなに耳障りな、情緒に欠ける声で泣き喚かなくてはならないのだ。
可愛いどころか、興醒めを通りこして首を締めたくならないものか。

あっそっか、もしかして目的?

つまりあの声に苛立って、殺したい程に腰を振ってくれ、
ということなのか。

というわけで、AVを見る時には、
音を消して見ることがほとんどで、
それはまさに環境ビデオ化してさえもいる。

というわけで提案である。
あの糞声を出さない女優をデビューさせるか、
あるいはAvの周波数を調節できるアプリ、
または高音を変換してくれるヘッドフォン、
だしてくれないかな。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1493-2efd23dc

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム