Loading…

「結婚15年目の春」

Posted by 高見鈴虫 on 14.2013 嘗て知った結末   0 comments   0 trackback

結婚して15年目になる友人カップル。
倦怠期の峠を三つも四つも越したこの中年夫妻が、
どういう訳だか最近妙にラブラブが復活。

嬉しそうに手をつないで歩きながら、
交差点の信号で立ち止まったところで、
さりげなくちゅっと軽きキスまで交わしている。

中年カップルのこのラブラブぶり。
気味が悪いを通りこして、なんとなく微笑ましくもある訳で、
例によって、酔わした末にその秘密を聞き出して見た。

実はさ、とそいつ。

実はちょくちょくホテルに泊まるのだそうだ。

で、そう、つまり、やる為にホテルに泊まる訳である。

それも、ちゃんと、バケーションに行く時のように、
何月何日に、どこどこのホテル、と予定を決めて、
勿論ちゃんと予約までするのだそうだ。

で、十日も前から、よーし、この日にやるぞ、
と気持ちを高めて、あと3日、あと2日、
と心の準備をしながら腹筋運動などもしてしまったり。

で、当日は、思い切りスケベな格好をして待ち合わせをして、
で、食事は取らずに軽くワインを飲むだけでお部屋に入る。

でさ、とそいつ。

オイルとかね、とうっしっし、と笑う。

だってホテルだろ?
金払ってるんだから、まあなにをしても良いわけさ。

で、オイルとかさ、
普段は洗濯のこととか後始末なんて考えて二の足ふんだりとか、
そんなこと気にせずもう思い切り。
全身に塗りたくって、お互いにマッサージしたり、とか、
思い切り音をでかくしてAV見たり、とか、
おもちゃもなに使おうか、なんて考えたり、
目隠ししたり、ちょっと縛って見たり、縛られてみたり。
これしてあれして、なんて企画を練ったり。

つまり、そう、セックスを積極的に楽しもう、と思い始めた、とのこと。

ほら、ホテルだしね。
誰に気を使う必要もないわけでさ。
そう、おもいっきりやるんだよ。

つまり、もうその日だけは別人、として会うのだと言う。

身体全体にむっちりと肉のついた既婚の中年女性が、
肌に食い込むような際どい下着を着けている様、
なんてのを考えると、へええ、となんとなく関心してしまったりもするのである。

あれ以来、ちょっと若返ったんだよ、となんとなく少年のような顔をされて、
思わず、くそっと舌打ちなどしてしまった。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1509-02591fc0

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム