Loading…

トレーニングにおけるトリートの効用

Posted by 高見鈴虫 on 18.2013 犬の事情   0 comments   0 trackback
で、そうそう、
うちのブッチがトリートをもらったペットショップから、
アパートのドアマンからを、すべて暗記している、
って話。

で、さ、その話から考えるに、
やっぱり、犬にとって、トリートを貰った、っていう記憶は、
多分、脳みその別のところにストアされて、
それが、ガチっと行動原理にリンクしているんじゃないのかな、
と思い当たった訳だ。

ただでさえ、集中力が短い、つまりは、注意散漫犬のブー。
ボールを追いかけていた途中で、ふと別の物が目に入った途端に目的変更。
で、あれ、ボールは?というとすっかり忘れている。

そんなブーが、である。

もう何ヶ月も前に行ったペットショップの、
その道順からなにから、全て記憶しているなど、
ちょっと驚嘆に値するわけだ。

という訳で、そう、犬のトレーニング。

トリートを貰った、という成功体験の記憶は、
がっちりとROMに書き込まれる筈。

なので、そう、やはり、トレーニングにトリートは欠かせない、
というのは一理あるぞ、という話でした。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1524-fe9c70ec

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム