Loading…

「テニスプレーヤーの足」

Posted by 高見鈴虫 on 05.2013 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback


そう言えば、テニスコートにおいては、
女性はスコート、つまりはミニスカ。
パンチラも当たり前であるし、
だからと言って、そのたびに、おおおお、と思わず欲情、
なんて話は聞いたことがない。

足、というよりも、まさにパンツぎりぎりまでを、
真っ黒に日焼けしてしまっている足。
その美醜よりは、おお、良い筋肉しているな、やら、
あるいは、そこにべったりと貼られたバンテージに、
あいつまた膝やったのか、可愛そうに、ぐらいしか思わないのだが。

まあ確かにその中にも似合う似合わないやら、
つまりは、美醜はあったりもするのだが、
その良し悪しに関わらず、
シーズン中はほとんど全てのテニサーたちは
ほぼ四六時中をそんな格好で過ごしている訳で、
普段からそんな人々に囲まれている関係上、
いまさらなんだ、という気がしないでもない。

見慣れてしまった、とかそういう問題ではなく、
まあ、そう、その希少価値というか、
つまり、隠して何ぼ、だと思うわけだ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1584-cfc7de24

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム