Loading…

「見かけぬ無法者」

Posted by 高見鈴虫 on 06.2013 犬の事情   0 comments   0 trackback


夕暮れ時のドッグラン。
川沿いの公園に行った帰りにまた寄ってみたのだが、
どうも犬たちの様子が変だな、と思っていたら、
その中心に見知らぬ顔のムク犬が一頭。

見るからにわがままそうな横柄な態度。

ブーもそいつを見た途端、ぴくりと反応して、くそったれ、気に居ならないな、
という顔をしながらも、見て見ぬ振り。

で、ふとみるとそのむく犬。楽しく遊んでる犬たちにいちいちにじりよっては、
そのおもちゃを毟り取っては、抗議されて吠えられると、グルグルグルと白い牙を剥いて本気脅し。

なんだあいつ、いやな奴だな、とは思いながらも、
まあ気にしないことだ、とボール遊びを始めた途端、
思ったとおりやってきたそのむく犬。
おい、それ俺に寄越せ、とにじり寄ってはうなり始める。

んだよ、この野郎、とブーとしばしの睨みあい。
毛がモコモコしているのもあるが、それを取ってもブーよりもふた回りはでかい。
黒い舌をべろべろとやりながらいかにも凶悪そうな顔つきである。
でその凶悪なむく犬。
よりによってブーに向けてグルルルと牙を剥くむき始めてまさに一触即発。

おい、ブー、やめろ、相手にするな、と言うのだが、
ブーを押さえに入った途端に、たぶんこの犬は襲い掛かってくるな、
と嫌な予感。
あのー、こいつの飼い主誰ですか?と声をかけるが・・・
とうの飼い主。たぶんあのベンチの下でドッグランにはそぐわない格好をした女性とお戯れ中。

おい、馬鹿、ブーやめろ!と怒鳴りつけたブー。
クソッたれ、俺はこいつが世界で一番嫌いだ、という顔をしながらも、
恨めしげに俺の顔を見ては、しぶしぶと引き下がる。

がしかし、このむく犬。そんなブーに対してかさにかかって、おい、そのボール寄越せ、
とやってくる訳で。

あのなあ、むく犬、頼むから向こうに行ってくれないか、と幾ら言っても聞く耳持たず。

だんだん俺も腹が立ってきて、こいつ、もしも噛んで来やがったら。。。腹蹴り上げてやろうか、と俺もなんとなく嫌なムード。

としたところ、いきなりそのむく犬の背後から、さらに巨大なサイベリアン・ハスキーのワイリー。

そんなむく犬の存在などまったく目に入らぬ風で、おいどけ、とばかりに俺に飛びついて来て、顔中舐め舐め。

こいつ、おまえ、本当にまた一回りでかくなったな。下手するとおまえ、本家の狼よりもずっとでかくなっちまうぞ。

という訳で、むく犬のことなど忘れて思わずヘッドロック。で身体中撫で撫で攻撃。
溜まらずに身をくねらせて踊りまくるワイリー。まさにいまにも押し倒されそうである。

こいつ、ちょっと前まではドッグランで苛められるたびに俺の元に逃げ戻って来ては、
ブーの後ろをまるで弟みたいにくっついて回っていたのに。

半年もたたないうちにまさに狼、いやそれ以上である。

で、ご挨拶もそこそこ、ふとしたところ、あれ、こいつだれ?と見下ろすそのむく犬。

ふと見詰め合った二頭。

で、いきなり、ワイリーがその巨大な右手を、
まるでお手でもするかのようにむく犬の頭にぽんと乗せた。

しばしそのままの姿勢で動かぬ二頭。
まるでダライラマが信徒の額に手をかざしているようでもあるのだが、
ワイリーの顔つき、またいつものように、ヘラヘラと笑っているばかりである。

が、しかし、
ふとすると、そのむく犬。さっきまでの威勢はどこへやら。
いきなりがっくりと肩を落としてすごすごとドッグランの隅へと引き上げて行く。

ワイリー、なんだよ、今のは、と言った途端に振り返ってにかっと笑う。

で、いきなり走り始めるや、
さあ、みなさん、無法者は私がやっつけました、みんなで遊びましょう!

とまさにウィニング・ラン。

とやったとたんに、まさにぱっと顔を輝いた犬たち。
そんなワイリーの後を追いかけてわーい、と走る走る。

そんな犬たちの大はしゃぎを、へん、なんだよ、と隅のほうから上目遣いに見つめるむく犬。

ワイリーすっかり大きくなっていまやすっかりボス気取りだな、と思えば、
ふと見るとブッチ。まだ気にいらない風でそのむく犬を睨んでいて、
俺の目を放した隙に、ちょっと行って話し付けて来る、と言った風情。

あのなあ、ブッチ。もう話は済んだんだから、と俺もちょっと困ってしまう。

という訳で一走りして戻ってきたワイリー。また飛び掛ってきて舐め舐め攻撃。
判った判った、と抱きかかえて、そろそろお前、そのジャンプやめないと拙くないか?
とは思いながら、思わず抱きしめて身体中を撫で撫でである。

という訳でワイリー。ブーにはいつものようにご挨拶。
なんだよこいつ、とブーが飛びついた途端、
いきなりごろんと横になって胸の中にブー君を抱え込んでご満悦。

こいつ、その見た目の野性味とは対照的に、本当に性格の良い犬になったな。
と思わず惚れ惚れである。
という訳で、今日もドッグランは平穏なのであった。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1590-ead4e24c

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム