Loading…

世の中は理不尽なもの。それに理由なんかない

Posted by 高見鈴虫 on 14.2013 嘗て知った結末   0 comments   0 trackback
日本人ってのはあんまり夫婦の貞操にこだわらねえのか?
とドッグラン友達のテッドからいきなり妙な質問を受けた。

つまりなんていうか、夫婦交換みたいなのが普通に行われてるカルチャーなのかってことなんだけどさ。

まあ確かに出会い系サイトとかあるしな。
最近は気にしない奴らも増えたらしいが、まあ人によりけりじゃねえのか、
と答えるが、なんとなく納得いかないご様子。

ほらあの、チベット人とかエスキモーとかってよ、兄弟で一人の奥さんをシェアしたり、
客人をかみさんでもてなしたり、とかするんだろ、

などととんでもないことを言いだす始末。

あのなあ、それは文化ってより未開人ってことじゃねえか?
確かに200年も前にはそういうこともあったらしいが、
犬や猫じゃあるまいし、お前、つくづくアメリカ人だなあ。アメリカ以外のことはまったくなにも知れない。超常識知らず。
お前本当にニューヨーク生まれか?ネブラスカの赤首と大して変わらねえじゃねえか。

と思わず大失笑。

だがよ、とテッド。
ロシア人とかってそういう文化だっていうぜ。
つまり週末ごとに相手を好感したりとかさ、
つまりまあ、そういう人たちなのかな、と思ってさ、と微妙な反論。

ロシアはとりあえず日本人がそれほどオープンな人々とも思えんがな。
だからまあ、人それぞれじゃねのか?

というわけで、こいつまさかアジア系の愛人でも探してるのか?ならピアノバーでも教えてやろうか、
と思っていたところ。

じゃあよ、あれはなんなんだよ。あのドッグランにいるおばはん。あれ日本人だろ?
こないだも例の助平のスチュワートと、手をつないだり肩くんだりとかさ。
あんなことしてるのが旦那に知れてもトラブらないのか?
旦那は怒らないの?日本人ってそんなもんなのか?
じゃ例えば俺がお前のかみさんの肩くんだりとかしてもお前は怒らないのか?
まったく、日本人。。訳わからねえよ。

という話で、ああそういうことか、と思わずやれやれ。

奴の言う日本人のおばさんなら俺も知っている。
が、基本的にあまりドッグランの人々、それも日本人なんてのにわざわざ声をかけるなんてこともないんで、
妙な奴らだ、とは思いながら、だからと言って特に気に留めることもなかったのだ。

と言う訳で、今更そんなこと聞かれたからと言って、
そんなこたあ知ったことじゃねえよ、と答えるしかない。

だからよお、ロシア人だって日本人だって、
それこそアメリカ人だってジューだって、結局は人それぞれだろ?
誰がなにをしようが俺の知ったことじゃねえってことだよ。ぐだぐだくだらねえこと言うんじゃねえよ。

じゃあよお、もし俺がお前のかみさんに言い寄ってもお前は怒らないんだな?

だから知らねえって。やりたきゃ勝手にやってみればいい。警察呼ばれたり妙な噂流されるのもお前の勝手だろ。

という訳で、俺の顔を盗み見ながら、つまらなそうな顔つき。
ちぇっと舌打ししては、犬どもにボールを投げている。

そんなトッドに、あのなあ、と思わず要らぬ説教。

お前、いくつになってそんなこと言ってるかは知らねえが、
女はつまりはそういう生き物ってことなんだよ。
男が何と言おうが、女はやりたければやる。
その後になって男同士の間でどんな騒ぎになろうが、
まあ女は知ったことじゃねえってことなんだよ。

女はそういう生き物であって、それが良いの悪いのと言う権利は、
少なくとも男にはこれっぽっちもねえんだよ。判る?
それが判ってねえってことは、お前はつくづく人間というものが判ってないってことだぜ。
つまりこの世の中がどれだけ理不尽にできているのか、
その根本原理にまったく気づいていないってことは、
お前がどれだけくおめでたいとっちゃん小僧かってことなんだよ。

つまりお前の女もお前をそう見ているってことでさ。
気をつけた方がいいぜ。

というわけで、
そんなことを言いながら俺自身がまったく暗澹とした気分。

なんだって?俺の女が浮気してるってのか?誰がそんなこと言いやがった?え?誰に聞いた?

といきなりむきになるこの大金持ちの失業者のとっちゃん小僧、
あのなあ、これだからおぼっちゃまはやってられねえって。
あるいは、こいつはこんなことだからいつまでたってもろく仕事がみつからねえんだろう、
と思ってしまったわけだ。

そう、そうなんだよ。
とどのつまり、世の中は理不尽、なわけだ。
それに理由なんかないのだよ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1610-a21943d7

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム