Loading…

まあ、似たもの同士

Posted by 高見鈴虫 on 15.2013 犬の事情   0 comments   0 trackback
ドッグランでうちの犬がまた大立ち周りをやったらしい。
よりによってどこかからやって来たロットワイラ。
そのでかい図体にものを言わせて、
うちの犬の咥えたボールを寄越せ、とやった途端、
なんだてめえ、と唸り声を上げるや、
10年早えぞ、この野郎、とばかりに、
いきなり口元に噛み付いてぶら下がっては振り回し振り回され、
の大喧嘩。
止めに入ったかみさんが弾き飛ばされて膝に青タンを作ったらしい。
でどっちが勝った?
あのねえ、そんな問題じゃないでしょ?もう周り中の人たちが寄ってたかって抑え付けてで大変だったのよ。
でもほら、こいつこんなニカニカ笑って。別に怪我してる風でもないぜ。
怪我をしたのは人間ばかり。相手の犬の飼い主も身体中引っかかれて大変だったのよ。

お前なあ、と振り返れば、またいつもの奴でへっへっへ、と満面の笑顔。
いつもこの悪ぶれなさに騙されてしまう訳だ。

あのなあ、確かに、子供の時には喧嘩一番。誰にも負けないガキ大将。
とは言っても、悲しいかな犬種の違いでいまやお前はただの中型犬。
昔は怖いもの無しだったやんちゃ小僧も、
さすがに今となってはマスティフやらピットブルやらロットワイラーなんていう、
闘犬まがいなんてのと喧嘩をして勝てるわけもない筈なのだが。

へん、とブッチ。
逃げ足なら誰にも負けないぜ。
という強気さが仇な訳なんだよね、結局。

あのなあ、おまえ本当に好い加減にしないとそのうちとんでもないことになるぞ。
とは言いながら、
そう、そんな俺がいまだに生き延びているということは、
まあそんな調子でも大丈夫、ということなんだろうけどね。

と言う訳で、まあ、似たもの同士。
かみさんの苦労も二倍三倍な訳だな、はい。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1649-faa4475b

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム