Loading…

「汚染トイレDE云国際」

Posted by 高見鈴虫 on 07.2013 とかいぐらし   0 comments   0 trackback
朝、出社した直後、席につく前にちょっとおしっこと、とトイレのドアを開けると、
いきなり、むむむ、なんだこの匂い。

ふと見れば足元に、不吉な水がわっと広がっていて、
その中に、なにやら不穏な水草のごときものがふわふわ。

果たしてこれは、などと考えずとも答えは出ている。

何者かの糞便である。しかもかなり緩い。それが水に溶けて溢れ出している訳だ。

んだこれ、と一瞬ぎょっとしながらも、
が、しかし、今ではこんな虫も殺さぬようなリーマン顔を装っているが、
ついこの間まではライブハウス・ロッカー。
その前にはインド、中国、中南米を股にかけたヒッピー野郎であったこの俺。

まあ気にすることはねえ、とばかりに、
水溜りのあいている部分を飛び石的に渡りあるいて、
片足上げた微妙な体勢のままおしっこをちょーっと済ませて、
で、改めてみるや、あれまあ、ひとつのトイレが完全に洪水状態。

どうも何者かが大量なトイレットペーパを突っ込んだらしい。
便の色を見る限り、緑っぽいところを見ると野菜は十分に取っているようで、
しかし、この強烈な匂い。つまり香辛料を多く含んでいると見える。

つまり、ベジタリアンカレー?よってこの下痢便の出所はインド人。
がしかし、果たして何故にこんな事態が起こったものか。

この下痢便の出所と、トイレそのものを洪水せしめた犯人は同一人物であろうか。

がしかし、いやはや、どこにでもバカは居るものだが、
よりによってこんな会社にもそんな輩がいるものか。

ちゅう訳で朝からなんとも???な気分。

が、まあ、そのうちメンテナンスの人が来てお掃除してくれるだろう、と思っていたら、
そのうち、なんか会社中に不穏な匂い・・

つまり俺と同じように下痢便洪水を飛び石ぴょんぴょんした輩が、
おっと、しまった、と下痢便汚染水を踏んづけた靴でそのまま会社中を歩いたものだから、
10時を過ぎる前から、どうも会社中に汚染が拡大し・・・

思わず顔を見合わせて・・にやにやと苦笑い。

あの・・この会社、一応社員10万人規模の、超一流グローバル企業、
ってことになってた筈なんだが・・

あるいは、これはまさに、企業のグローバル化。

インドや中国の常識が、ここアメリカにも押し寄せてきている、ということなのだろうか。


IMG_2424.jpg


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1734-29000791

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム