Loading…

「犬を連れて本の読める場所」

Posted by 高見鈴虫 on 20.2013 ニューヨーク徒然   0 comments   0 trackback

この週末は思いきり本を読もう、と決めているのだが、
しかし家のソファで寝転んで本を読んでいるとついついと寝てしまう。
しかもブー君が散歩に連れて行け連れて行けとじゃれつき始めては、
じっくりと本を読むなどと流暢なことも言ってられない。
まさかこの寒さの中、公園のベンチというのもないだろう。
であらためて、犬を連れて本の読める場所を探さねば、と思うのだが、
例えばデパートのカフェに座れたとしても、
5分もすれば、おい、ボール投げろ、と始まるであろうし、
まさかカフェの床でボールボールをするわけにもいかず。

昔はTWCビルのROSEHALLのロビーがもぬけの空で、
よくボール遊びをさせてもらったものだが、
やはりめざとくホームレスに見つけられていつのまにか溜まり場。
で結局昼は封鎖されてしまった訳で、
うーん、どうしよう、と知恵を絞っている。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1786-95c87def

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム