Loading…

「ROCKを葬り去る前に その29 ~ 減量開始から早一ヶ月」

Posted by 高見鈴虫 on 12.2014 ROCKを葬り去る前に ~ 大人のダイエット奮戦記   0 comments   0 trackback
減量開始から早一ヶ月が経った。
現在のところ132LBの上下1LBを行ったり来たり。
開始時の145LBからすると約15LBの減量に成功した訳だが、
開始後、みるみると体重が減って行きながら132LBに来たところで
ぱたりと進展が止まった。

たまに外食をしてバカ喰いをするたびにがーんと3LBぐらい増えるのだが、その後3日ぐらいかけて132LB代に戻り、
そして131LBを割りそうになると、なんとなく空腹を感じ始め、そろそろ外食で息抜きを、と出かけて、また戻る、と言った感じ。

でこの132LB、思いのほか快適である。

以前に比べ身体は凄く軽く感じる。
犬の散歩での疲労感もほとんどなく、
腰痛もなくなった。
きつかったシャツやズボンも適度に余裕ができて、
階段の登り降りにもなんの苦もなくなった。

思うところ、どうもこの132LBという体重が、
現時点での俺の適正体重なのではないか、と思う。

人間にはそれぞれ適正体重というようなものがあって、
それは年齢とともに変化していく訳だが、
俺の場合、20代は50KG=110LB
で30代に入って60KB=132LB
その後、なんだかんだで最近太ったな、と思っていたのは
だいたい65KB=143LBあたりをうろうろしてた訳で、
つまりは現時点での適正体重としては60KBということで打ち止め、
ということなのではないか、と納得している。

なんて話を普段からダイエットに悩む、友人のダンサーさん、にした訳だが、

どうも、その適正体重、
つまりは燃えやすい脂肪が燃え尽きてしまった後、
燃えにくい脂肪が減り始めるまでの間にかなり時間がかかる、
とのことである。
つまりそれが第一の関門らしい。

そのしばしの停滞の後、
それを越えるとまたがんがん減り始めるとのことので、
現在はその停滞期、ということなのか。

がしかし、現在行っているパレオ・ダイエット。

炭水化物・チーズ・甘みを我慢するだけで、
肉も魚も野菜も果物も食べ放題、という方式では、
その適正体重の壁を破るのが割と大変との話。

つまりパレオダイエットは、
身体にもっとも適した体重、つまり自然体にするためのダイエットで、
その適正体重を越える、つまりは、不自然な身体を目指す以上は、
この方法では限界があるのでは、という話。

ただ目指しているのは体重計の数字ではなく、
いかに余分な体脂肪を減らすか、ということにあるわけで、
パレオを続ける限り、体重は変わらなくても、付くべき所には筋肉が付き、余分なところ、つまりは筋肉として使用していないところは自然に減っていく、とのことで、まあ体重計の数字だけがすべてじゃないから、
というお話をお伺いした。

がしかし、である。

そう、俺はなにも健康体になりたくてこのダイエットを始めた訳ではない。

俺が目指すのはROCKERであって、それはHYDE君でありMICK JAGGERである。
つまり、とてもとても痩せている人、な訳であって、彼らはつまりは普通ではなく痩せている、痩せすぎている人々。
つまり・・・そのハードルは普通のダイエット以上。
健康体などで満足していてはいけないのである。

という訳で、

ダンサーさんの話では、
その適正体重から、普通人の限界を超えるのがめちゃ大変、
ということらしい。
本当のダイエットはここから始まるんだよ~ん、との話。

うーん、そうか、そういう訳なのか・・

こんなところでぼやぼやしていてはいけない、ということなんだね。。。



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1856-1143dd7d

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム