Loading…

「ROCKを葬り去る前に その31 ~ つまり、身体に悪いものほど美味しいわけだ」

Posted by 高見鈴虫 on 12.2014 ROCKを葬り去る前に ~ 大人のダイエット奮戦記   0 comments   0 trackback
あらためてこの現代社会。
まさに飽食の時代、というか、豊か過ぎる訳である。

人類が飢餓から完全に解放された今、成長期を終えた人類、
今となっては食物があまりにも満ち足りてしまった挙句に、
この炭水化物が諸悪の根源、つまりは肥満の超敵になってしまった訳である。

そしてこの高度経済社会。
すべてにおいて効率が優先。
より安く、より大量に、より安定した品質の食物を供給するために、
農薬から始まり、成長剤から抗生物質から保存料やらが山ほど入った上に、

より美味しく、見栄えをよくする為に、
トランス・ファットから味の素等の化学調味料から、コーンシロップ等の人口甘味料からと、食品添加物が山盛り、
となる訳で、

安いものほどこの添加物の割合が増えていく

つまりは、貧乏人ほどに太る、という図式がなりたっていく。

と言う訳で、

ご飯やパンの代わりに、無農薬野菜と牧草だけで育った家畜の肉だけで腹を満たすこのパレオ・ダイエット。
まさに貴族のためのダイエット。つまり、その分、コストが偉くかかる。

がしかし、この現代において、健康こそが最大の先行投資だとよく言われる。

つまり、どれだけ金を持っていたとしても、一度病気になってしまうと、その貯蓄どころか、
全てを失ってしまう、と言う訳で、先々を考えれば考えるほどに健康に気を使う、
というのが最も合理的な生き方である、という考え方。

つまり、99セントのマクドナルドのスーパーバリューを食べて小銭をセーブしても、
後に病気になってしまっては、それこそハンバーガーが何万個も買える金額が一瞬のうちに消えていく訳だ。

つまり、あえて高価な健康食を食べることこそが、最大の節約である、という考え方。

かつて、

肉を食うと太る、やら、ご飯をなるべく沢山食べる、やら、魚を沢山食べる、やら、
挙句の果てに、
マーガリンはバターよりも健康的やら、
ダイエットコークで痩せる、やら、
植物油だから安心やら、
あるいは、
味の素を食べると頭が良くなる、なんてことまで言われていたが、

それはすべてが間違いなのである。

そして今、魚という魚は水銀が含有されている訳で、日本食は健康食、なんてとんでもない。

美味しく美しく安価で、そして宣伝文句に健康が歌われている食物はことごとく毒の塊である。

つまり、身体に悪いものほど美味しいわけだ。

それを踏まえたうえで、新たな生き方を模索するべき時期にきているのだな、と改めて思うわけだ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1858-98f29e5f

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム