Loading…

2014全豪 やはりフェデラだろう

Posted by 高見鈴虫 on 24.2014 テニスねた   0 comments   0 trackback
別に狂信的というつもりもないのだが、やはりフェデラが好きだ。

デビュー当時、あのちょんまげに白はちまきの侍ルックの頃から、
むむむ、こやつにはなにかある!とにらんでいたのだが、
かの嵐の夜のアガシとの一騎打ちをコートサイドの間近に観るにあたって、
もうこの人しかいない!とまでに入れ込んでしまった。

という訳で、俺のテニス熱。

ベッカーエドバーグサンプラスと来てこのフェデラでついに上がりをみた、
というところなのだが、まあ寄る年波というか、
無敵と言われたこのフェデラ。
1セット落とすだけで新聞の一面に載るほどの超人的な強さを誇ったあの時代もいまや昔。

そしていま、普通のおじさん、というか、お父さんプレーヤーとして新たな時代を迎えようとしている。

という訳でまあ世代交代である。

が誰もが判っているように、あの全英決勝戦ナダルとの一騎打ち、
あの試合に勝る試合はもう今後も出てこないだろう、と確信しているわけで、
つまりはテニスはすでにあの試合をピークに再び平静を取り戻していくのだろう。

とそんな訳で、フェデラの次代を担う選手たち。

まさにナダル、そしてジョコビッチ、な訳なのだが、
こう言ってしまうといかにも親父くさいが、やはり。。フェデラに比べては、ひとつふたつみっつぐらい、役不足、
というか、まあ、技術的なとこを除いて、なんというか、やはりあのカリスマ性というか華がない、というか。

やはり落ち目とは言え、フェデラのプレーには華がある。

サーブが入らなくなるたびに胃が捩れるような苛立ちを感じるし、
バックハンドを外すたびに思わず青あざができるほどに膝を叩いてしまう。
つまりフェデラの試合を見るたびにはらはらドキドキでまさにストレスに内臓がひっくり返りそうになるのだが、
がしかし、やはりフェデラ。
ここまではらはらドキドキ。負けたときにはまさにちゃぶ台返しとなるわけなのだが、
がしかし、ここまで気を揉ませてくれるのもそれがフェデラだからなわけで、
やはり、フェデラの試合をなくしてはテニスは成り立たない、とまで思ってしまうのだ。

可愛さあまって憎さ百倍、というよりも、もうフェデラのことが好きで好きで、
すきすぎて思わず、なあああんだよ!!!ロジャー!しっかりしてくれよ!となってしまう訳だ。

俺はフェデラが好きだ。
キースリチャーズと同じぐらいに好きだ。
たとえ何があろうと好き、と言える数少ないヒーローな訳だ。

そういう100年に一人の天才野郎の隆盛を、10余年に渡って共に過ごせたこと、とても幸せであったと思っている。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1865-689ee423

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム