Loading…

「こんなところでこけるわけにはいかない」

Posted by 高見鈴虫 on 03.2014 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback

あのとき、俺は世界で一番幸せだった。
そして、もっともっと、
世界で思い切り、ぶっち切りで幸せになってやろうと思った。

その夢はいまになっては儚い幻想。
歳を重ねるごとに、
あるいは日を追うごとに遠ざかっていくような気もするのだが、

しかし、

だからこそ、

俺はまだその夢を諦めてはいない。

なにがあろうとも。いくつになろうとも。諦める訳にはいかない。

だから例え、なにがあったとしても、
こんなところでこけるわけにはいかねえんだよ、

と少年ジャンプのように奥歯を喰いしばる訳だ。

明日は倍返しだ


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1886-77e10f60

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム