Loading…

米議会に知日派議連?。。ただのモンサントのぱしりじゃないの?

Posted by 高見鈴虫 on 22.2014 アメリカ爺時事   0 comments   0 trackback
米議会に知日派議連 若手中心50人。。???

ありえねえ(爆、と思って、

この記事にあるデビン・ニュネス下院歳入委員会貿易小委員長なるひとの名前をちょちょとぐぐってみれば、ものの10秒もかからずに、んだよ、思ったとおりこいつのスポンサーは例のモンサントか、と調べがつく。

Rep. Devin Nunes: Campaign Finance/Money

Monsanto’s Campaign Contributions to US House and Senate Candidates

まあ世に言う環境原理主義者のヒステリーも鬱々しいが、
それにもましてこのモンサントという会社は、本当の本当に気味が悪い。

この一見あっけらかん、一皮向けば虫がうじゃうじゃ的なニュース、その裏にある悪意にどす黒さに思わずぞっとする。

いまさらながらTPP。

世の人々はどうも「アメリカ」が、このTPPをああだこうだ、と言っている、なんてバカな勘違いをしているよう、あるいは、そう勘違いさせるような報道のしかたを知ってか知らずかやっているようなのだが、
ぶっちゃけここアメリカにおいて、TPPなんてことが全国ニュースになったことなど一度もない。
ふつーの人は誰も関心を持っていない、というか、知らない、というか、んなこと死ぬほどどうでもよい筈。

関心を持っているものがいるとすればただの変人、あるいは日本向けのいんちき株で一山当てようというヤマ師くずればかりだろう。


つまりは、このTPPなんてものは、アメリカというよりは、アメリカの名を語った一部企業、その中でも「モンサント」に代表されるような、とことん胡散臭い諸企業の連合体がこうして買収した糞ロビーストのケツを札束で叩いては、アジアを食い物、あるいは、実験場にしようとして暗躍しているだけの話。

その手っ取り早い方法として飴と鞭。つまりは札束を片手に、もっとも欲の皮のつっぱった、もっとも愛国心に薄く、倫理性に乏しい「政治家」やら「増すゴミ」やらの、そのもっともお手軽なところから買収、切り崩しを始めているだけのの話だし、
もしそれに抗議している人も、もしかしたら、モンサントさま、俺にも金を頂戴頂戴、とアンアンおねだりをしているだけの話かもしれないが、
いずれにしろこのTPP関連の周りに群がっている連中は、日米ともども、まったくどうしようもない連中ばかりってことだろ。
そんな日米双方のとびきりどうしようもねえ連中の神をも恐れぬ強欲さの、その上がりを食わされるのは必ず一般消費者、というよりは、カモにされたあほ、であることを忘れてはいけない、
あんたらはとりあえず、あんたらの子供たちがその割を食うってことだけは確かだ。

ちゅうのがわたしのそっちょくな感想


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/1974-5ba7131f

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム