Loading…

自宅軟禁

Posted by 高見鈴虫 on 02.2014 犬の事情   0 comments   0 trackback
かみさんが里帰りしてからというもの、犬の世話を一人でせねばならない。

さすがに子犬の頃と違って、四六時中目が離せない、というのでもないのだが、
朝の散歩と、夕方、そして夜の散歩だけは欠かすことができない。

ここのところ毎朝7時半に全体会議がスケジュールされるようになり、出社時間が早まっている俺としては、
これで仕事に行く前に散歩に出るとすると、まさに朝5時には家を出なくてはいけない訳で、とすると、まさに4時半起床。。。

いくら犬が可愛いと言っても、実際のところこれはちょっと無理である。

という訳で、ボスに頼み込んで自宅勤務とさせて貰うことにした。



IMG_6387.jpg

という訳で一日中家に居る日々。

自宅で部屋着のまま一日中を机に向かって過ごす。
後ろを見ればソファで大股を広げてひっくり返って寝乱れる我が犬がいる。
見たところ割りと気楽な雰囲気ではあるのだが、
がしかし、間違ってはいけないのは今はまさに就業中である。
これが仕事である以上、家にいられる、のではなく、
家に居なくてはいけない、訳で、まさに自宅軟禁状態。

電話会議があり書類の作成があり難し案件も多い。
普段であればオフィスの机に向かってであるので、なんとか気合も入るのだが、
自宅でこれをやるにはその気持の転換がなかなかどうして大変である。

家である以上、誘惑が多い。
山のようなMP3ファイルから始まって、ケームから読みかけの本から映画からドラマからエッチビデオから。
まさか就業中にそんなものを観ている訳にも行かず、がしかし、隣りのモニターでチキっとマウスをクリックしたとたん、
あられもない姿の美女たちが乱舞を始める訳で。。。まったくうーんと唸ってしまう。

おまけに電話会議の途中でいきなり犬が吠え始めたり、などというハプニングも多く、
会議の度に寝室に閉じ込められた犬は見るからに不服げ。
時として非常に迷惑そうな顔で、
おまえ、そんなことしてるぐらいなら散歩連れてけよ、とぐずり始めたりもする。

あるいは、ちょっとしたトラブル、書きかけのメール、スペルチェックもしないままにそのまま送っちまった、
なんて時に、思わず、クソ、と舌打しをした途端、
いきなり飛び起きて、どうしたどうした!?なにがあった?
と一目散に駆け寄って来ては、
ああ、判った判った、なんでもないから、という俺の顔をぺろぺろと舐めまくる訳で、
おいそれと苛立つ訳にも行かず。。

犬と共に暮らすこと。これがなかなか大変なのである。

とかなんとかやっていたら、いつのまにか隣りに立った犬。

おい、と片手をあげてなにかを催促。

飯?飯には早いだろ、と時計を見れば、まさに5時ジャスト。
ああもうそんな時間か。。と書きかけのメールに目を通していれば、
おい、と再び片手をあげて、散歩の時間だ、仕事は終わりだ、とやる訳である。

はいはい、判った判った、と立ち上がる俺。

まったく、妙なマネージャーに勤務態度を監視されている気分である。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2005-e8588551

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム