Loading…

一日一回なにかをするだけで

Posted by 高見鈴虫 on 30.2014 今日の格言   0 comments   0 trackback
人間、一日に何時間か、決められた時間を作ってそれに割いていけば、
とりあえず毎日毎日、少しずつでもそれを積み重ねているうちに、
いつの日にかなんらかのものにはなっている筈である。

そう言えば数年前の正月に、うっし、今年はJAVAでも学ぶか、と一念奮起した覚えがあるのだが・・
結局は三日坊主。そしていま、ニューヨーク中がJAVAの仕事に溢れ返っている。

あの時、もしも一日1時間だけでもJAVAをやる、と継続していたとしたら、
いまごろとりあえず、職に困ることはなかった訳なのだ。

そして今日も一日が終わり、仕事が忙しくて、いろいろと大変で、を言い訳にして、

英語の勉強も、JAVAの勉強も、そしてなにひとつとしてなにも積み重ねるものの無い日々が終わって行く訳だ。

いや、と思う。

そう言えばダイエット。

そう、ダイエットは続いているな。

痩せたからといって給料の良い職が見つかるわけでもないのだが、
少なくともパンツがきつくなって新しいスーツが必要ということもなくなった。

或いはGYM。
なんだかんだで昼飯時にGYMに行っている関係上、なんとか腰痛の復活だけは抑えられている。

とりあえず、一日にひとつ、あるいはふたつ、1時間でも30分でも、15分でも良いから、
なにか決めたことをやるべきなのだ。

それが習慣にさえなれば、いつかいつか、ポタリポタリとコップに水が満ちるように、
いつのまにか何らかの力が備わっていっている訳なのだ。

まずはなにかを始めること。そしてそれを毎日毎日、少しずつこつこつと積み重ねること。

それ以外に道はないのではないか、と思っている。

要は反復だ。積み重ねだ。つまりは習慣にすることだ。

そのモチベーションを保ち続けることに、恥やてらいを持ち込むべきではない。

モチベーションを保つためには他人の力も必要と素直に認めるべきなのだ。

そして他人を利用しあって、そして互いに歩む。

それはそれで良いではないか。

と言う訳で、なにをしようかな、と思ったのだが、まずは宝くじを買ってみようか・・



  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2048-523f3b01

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム