Loading…

熱い視線攻撃

Posted by 高見鈴虫 on 30.2014 犬の事情   0 comments   0 trackback
熱戦の続くワールドカップ。
まさにもう試験勉強どころではぜんぜんない。

第一試合のフランスVSナイジェリアも凄かったが、
このドイツVSアルジェリア、
いやはやまったく、のうちについにまた延長だ。
勝負はこれから、これからだ。
まさに死闘。技量だ体格だ、などではない。
まさに、根性。精神力の勝負とはまさにこのこと。

とそんな時、
ソファの上から感じる熱い視線。
じぃぃぃぃぃっと、じぃぃぃっと、じぃぃぃっと、
まさに焦点が焦げ付いてしまうぐらいに、
強烈な視線が、
いまこの時にも、俺の横顔に
じぃぃぃぃっ!と注がれている訳だ。

えっ?なんだよ、いま延長戦なんだよ、
が、しかしテレビにはまったく関心のないブー君。
ワールド・カップ?なんだよそれ、
とまさに知ったことではないのである。

で、なに?散歩?散歩行くの?いま?

まあ確かに、既に6時である。
通常の散歩出発時間を1時間も過ぎている。
が、だ、そう、俺の失業前であれば、
仕事の都合では、悪い悪い、と帰りが7時近くになってしまったこともあるにはあった。
そのときにも、あああ、よく寝た、と眠い目をして起きてきた君ではないか。
なぜもう30分だけ、いや、PKとなったらもう15分、つまり7時ぐらいまで、
待ってくれないかな。。。

がしかし、ブー君は視線を反らそうとはしない。

吠えたり泣いたり騒いだり、の強行手段で来られたほうが、
まだなんというか抗えそうな気もするのだが、
この何も言わずに、じぃぃぃぃっと睨まれている、という状況、
うーん、苦手だ。確かに俺の一番苦手なやり方である。

ねえ、ブー君、お願いだから、お願いだからもう1時間待てないかな・・

がしかし、ブー君はなにも言わず、ただ、じぃぃぃぃっと見つめるだけ。

まだ見ている。まだ、まだ、まだ見ているブー君。

あの、だから・・・

ああ、くそ、もう少しなのに!!!

と言う訳で、根気負けである。
ああ、俺メンタル弱いなあ。。
ブー君とテニスやったらたぶん負けるぜ、俺・・(笑
と言う訳で、よっしゃあ、とリモコンを置いた途端、
待ってました!と玄関に向けて走り出しているブー君。
やれやれ、続きはIPHONEのESPNか。糞。。。

犬を飼うとまったくろくなことがないな。ちぇっと舌打ちしながら、
背中で閉じられたドアの向こうから、
GOOOOOOOOOOOLの声、
げげげげ、どっちだどっちだ。。。

がそれは帰ってからの愉しみとしよう。なんかワクワクだ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2155-7aa01e8b

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム