Loading…

ワールドカップ・ニューヨーク ~ 信じられないことだが終焉は必ずやってくる

Posted by 高見鈴虫 on 13.2014 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback
W杯決勝、ドイツVSアルゼンチン。

結果だけ見ればなんともあっさりと予想通りというか、
ドイツの優勝で終わってしまった訳だが、
この脱力感、というか、燃え尽き感、半端じゃないな。

W杯が終わったいま、
これでもう心置きなく資格試験勉強に没頭できる、
ということなのだが・・ この祭りのあとの寂寥感、
なんとも耐えられないものがある。

実は当初からドイツの優勝を予想していた俺、

なにを間違えたのか、おめでとー、幾ら儲けた?

なんて勘違い祝電がきたりもしたが、
もちろんのこと、俺はアルゼンチンを応援していたのである。。

そう、つまり、現実的な予想、と、心情的な希望がいつも食い違うこの実情。

そして俺は、いつも、駄目と承知で心情的希望に張り込んでしまうところがあって、
そしていつも失敗の憂き目を見る。

天邪鬼というか、判官贔屓というか、

巨人嫌い、ヤンキーズ嫌い、大手嫌い、王者嫌い、本命嫌い、勝ち馬嫌い。

この選択でなんど失敗してきたのか、とは思うのだが、
これだけは持って生まれた性癖というか、そう、やめられない訳だ。

という訳で、まあ当初の予想通りというか、
予定調和的な終焉を見た訳なのだが、この脱力感。

やはり最後の最後で、メッシの奇跡が観たかったな、と思っている訳だ。

がしかし、改めて言えば、今年のW杯、は本当に、心の底から満喫した。

これまで、時差の壁に阻まれて、いつも寝不足で卒倒寸前のような日々を送ってきたのだが、

この失業浪人という生涯またとないチャンスの中で、全試合を思い切り堪能する、
なんていう、とんでもない大贅沢をかましてしまった訳で、
失業から一ヶ月半を経過した今も、予定過程の半分にも至っていないというこの体たらく。

ここに来てから、おいおい、おまえ、どうするつもりだよ、と焦りまくっている訳である。

という訳で、W杯が終わった。終わってしまったのだな・・。

後は勉強あるのみか・・辛いな・・と思ったとたんに背中にずーんとのしかかるこの現実の重み。

思わず溜息をついている。








  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2174-d50be1f6

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム