Loading…

いぢめ国家の末路 そのいち

Posted by 高見鈴虫 on 05.2014 日々之戯言(ヒビノタワゴト)   0 comments   0 trackback
あんまり時流には乗ったようなことは言いたくないのだが、
笹井氏、自殺・・・・これは惨(むご)過ぎるな。。。

まさにこれ見よがしに、名誉と抗議のために腹を切った、というところだろう。

自殺というのものの本質が「抗議」にあるとすれば、
笹井氏はいったいなにに抗議をしたかったのだろうか。

理研にか?おぼかたさんにか?あるいは・・

ぶっちゃけそれは、メヂア、
つまりこれは、糞マスゴミによってたかって嬲り者にされたことへの、
抗議の自殺、と考えるべきではないのか?


虚構新聞ではないが、

笹井氏自殺の責任を取って、マスゴミ各社のトップが連鎖自殺、

ぐらいのことが実際に起きて欲しい。

それぐらいにマスゴミの報道姿勢に対して、深い憤りを感じる。


あらためていう。いぢめはいけない。

日本の人たちはもう感覚が麻痺して判らなくなっているのだろうが、
日本のテレビにはまさにいぢめが蔓延している。


YOUTUBEでたまに
日本のTV番組、特にバラエティ系を見るたびに、
そのいぢめ的な要素の凄まじさに思わず絶句、そしてその醜悪さ、おぞましさに思わず鳥肌が立つ。

こんないぢめ番組を笑ってみている人々っていったいなんなのか?
と思わず我が目を疑うう。

そしてそんな日本のいぢめを煽っているのはまさにマスゴミだ。

いぢめをいぢりだ、なんだと言い換えているが、その本質はやはりいぢめだ。

マスゴミこそがいぢめの巣窟なのだろう。

こんないぢめ国家、誰が住みたいと思うものか。
つくづく情けなくなる。かわいそうな国だ。
そしてそんないぢめ社会で好き放題いぢめられ、
あるいはいぢめられないようにびくびくと暮らす人々、
本当の本当にかわいそうである。

これはまさにいぢめの牢獄だ。

日本の自殺のほとんどが、このいぢめの蔓延によるもの、と誰もが気づいているだろう。

職場で、学校で、テレビで。そしてそれを、とってつけたような馬鹿笑いを被せて煽り続けるマスゴミ。

これは狂気だ。まさに狂気以外のなにものでもない。

訳も判らずSTAP細胞事件を煽り続けたマスゴミ。
そしてその責任問題が顕著化した日には、
かならずその罪を現場の人たちに罪を被せるであろうTOP。

自粛して欲しい。

まじで、これは、とんでもないことになる。

日本はいぢめによって自滅する。

予言させて頂く。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2199-a2664574

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム