Loading…

この世で最も危険なぶーた

Posted by 高見鈴虫 on 05.2014 アメリカ爺時事   0 comments   0 trackback
ぶっちゃけこれだけ情報が氾濫する世の中にあって、
だがしかし、不思議なことに、いまもっともたいせつd大切で、誰もが注目せねばならないあの大にうすだけは、
世界中のメヂアがこぞって一切知らぬ存ぜぬを決め込んでいる。

で、つまり、いまこの21世紀の世の中で最も危険なぶーたと言えば、まさに・・・

伊豆さん方による画材地区への親交の事件、である筈なのだが、
はははは、どこにも出てないなあ、きれいさっぱりと(笑

この見事なほどの言論統制。いやはや。
ご存知のように、いまや世界最大のタンこぶたん瘤化しつつある伊豆さん方。

一言でもそのことに言及しようものなら、
壁に耳蟻、どこぞから押し寄せてきたスズメバチの大群、
あるいは妙な黒服もみあげくりくりの方々に拉致されて、
なんてのがまさに洒落にならず、
あるいは、あることないことでっち上げられて仕事干されて
あることないこと裁判沙汰を山ほどでっちあげられて、
それこそ山のようなトラブルが一挙に押し寄せてくるという状況も十分に予想がつく訳で・・・

そんな中、弱いものいぢめ商法にかかりきりの日本のマスゴミなんか、
まさかわざわざそんなところに首を突っ込んで正義のヒーローを気取る気概などみじんこもなし。
(メヂアが真実追っかけないんなら存在価値ねえだろって。そんな糞みたいな仕事さっさとやめて百姓でもしてろっての)

がしかし、待てよこの時代、そう、いんたあねっとがあるじゃないか、
と思いきや、このグローバリゼーション社会の象徴たるインターネットこそが、
まさに宇多屋さんがたの独断場。

そう言えば、昔バビロンってな翻訳ソフトがあってさ、
あのソフトというかツールバーをインすとすると、
妙なパケが彼の地に向けて飛び始めるってのは有名な話。

なので俺、ぐるぐるっててっきり彼の地関連の会社なのだろうな、
とずっと思っていたぐらいでさ。
つまり下手をすればぐぐるで検索かけただけで調べの手が廻るんじゃないか、
なんていう懸念がまじである、というか(笑

という訳で、砂漠の民は世界中から見捨てられたまま瓦礫の下に埋められていく、という訳か。

はたして、それを、民主主義というのかね・・・(笑

はっきりいって、そういう宇多屋人、
那智豚なんかよりもずっと性質が悪くねえか?と思うがどうよ。

がしかし、だからと言って、浜茄子の肩を持つのか、というとぜんぜんそんなことない。

俺は実は一番たちの悪いのは浜茄子だと思っている。

浜茄子が学校や病院を武器貯蔵庫にしているのは本当の話だろう。

あるいはそうやって子どもにはっぱ背負わせてつっこませようという腹なのかな。

そう言えば、むかし淫乱を旅していたころ、
居合わせた兵隊から、日本人は偉い、とかなんとか言われて、
なんでだ?と聞いたら、
カミカゼは偉い。あの方法はベストだ、とかなんとか。
その後、淫乱の少年兵が爆弾抱えて胃楽の戦車に突っ込んで、
なんて話を聞いて、あちゃーと思ったものだが、
それが後の、自爆テロへと発展していく訳でさ。

ちなみにこの浜茄子ってのはしーあ波で、
寸煮波の或快打とはまさに点滴同士。

でこのしーあ波ってのがまた性質が悪くて(笑
自虐自己犠牲を美徳とするなんていう妙な特質がある。
つまりそう、かの自縛てろなんてのがお手の物な訳で、
自縛でおっちんではやいところ天国の鍵を手に入れよう、
なんてことをまじめに言っていた連中。
そんな連中にとりつかれた画材の方々。
良い様に利用された上に学校から病院から全て無茶苦茶。
まさに踏んだり蹴ったりも良いところ、ってのが真相なんじゃないの?

がしかし、それがたとえなに人であろうとどんな神様を信じていようと、
子を想い親を想い友を想いあの子を想う気持ちは変わらない筈。
つまり、こんな暴虐をあえて見殺しにするようなことがあれば、
その怨念はまさに世界中に向けて拡散していくであろうことは想像に難くない。

がしかし、ではいったい誰がこの時代に自身の個人的名声から将来からをうっちゃってまで、
世界平和のために正義のヒーローを演じる気になるのか、と。

ちなみに米国系の映画・テレビ・音楽関係者、全員腰砕け(笑

メジャーどころでは、
かのペネロペクルスとその旦那であるハビエル・バルデムが声明を出したぐらいなのだが、
正直、
ぐげええ、ってことはもうペネロペ嬢の姿をアメリカで見ることはできなくなってしまう、ということなのか、
と絶句してしまった訳である。
そう、それだけ、宇田屋じんの執念深さにはだれもがびびりまくっている訳だ。
まさに世界のスズメバチといったところ。

という訳で、栗宮といいこの画材と言い、まったくなんでみんなもっと幸せになれないのだろうか、とつくづく首を捻ってしまう。


あ、で、そう、だがね、
俺がこんなこと書いているからと言って、別に宇田屋人が嫌いな訳でも、
伊豆がどうのこうのと言っているわけじゃないんだよ。
孝か不幸か宇田屋人系のお友達は多いし、というかそればっかだし、
昔タイを旅していたころにはよく伊豆の兵役上がりの奴らと道中を共にしたもので、
そんな訳で伊豆にいる普通の人々の苦悩や悲しみやなにやらもよーく存じ上げている筈。
ただ俺は、いまさらなんだが、ラビンを信じていた。
ラビンを言う人を産んだ伊豆という国を敬い、
そしてラビンという人が実現するであろう楽園を信じていた。
そんな俺だから、ラビンが暗殺されたという憤りはいまだに俺の胸にあるし、
そんなラビンを暗殺した黒幕である宇田那智の仕切る現在の陸土伊豆を誰がどうやって指示できると言うのか。
これはしかし伊豆右派の戦争基地外以外のまともな伊豆人ならみな賛同してくれる筈と信じている。

で、どうせ裏でアメリカが、なんてよく知りもしないでそういうことを書き込んで悦に入ってる低脳がいるが、
それは違うというか、まじぜんぜん違う。

いま、世界中でどこの国よりも戦争がしたくない国、とはまさにアメリカ(笑
そういう余力はもうなーいのである。
自国のことだけで精一杯の青色吐息のこの時期に、なんだかんだと喧嘩の仲裁を頼まれるたびに、
まじで、もう勘弁してくださいよ、という感じなのである。

それを、バカな安倍糞麻呂やら、臭なんちゃらやら、キムチ臭いブスとかが、
コップの中の内輪もめを持ち込むたびに、勝手にやってろ馬鹿、と言いたくなる気持ちもよーく判る。

おまけに露助だ尻亞だ、おまけに伊豆かよ、と。

もうねえ、こっちはおばまけあと財政の壁とそして胃楽と阿附癌の後始末だけで精一杯なのに。

全てはそう、GWBではないが、あのとっちゃん小僧が担がれてやってしまったことの尻拭い。

ちなみに俺、実はあのオランダのMH打ち落としたの、実は浮くライナス側じゃないのかな、と思ってた。
ってか、露助はそんなことやってもなんの特もない筈。
で、浮くライナスは?といえば、つまりそう、アメリカを引っ張り出せる、と。

誰もがコップの中の嵐にアメリカを引っ張り出そうとしている。
で、軍事費を肩代わりさせようとしている訳だ。
そしてそう、それがまさしく画材における伊豆の戦略そのもの。
つまりね、そう、銭金。みんなでアメリカの金を集っているだけの話なんだよね。
グローバリゼイションで調子こいたツケがそんなところで回されているという次第なのだが、
伊豆のこのあからさまな恐喝外交。があさの人々を人質にして、
おい胃楽引き上げるんならこいつらみんなぶっ殺すぞ、いいのか?
とやっているだけの話だろう、と。

いやはや、みなさん、大変すねえ、と俺はきょうも犬の散歩。





  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2201-efc3427e

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾歳月
世界放浪の果てにいまは紐育在住
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム