Loading…

映画を観るたびに時間を無駄にしたなと思ってしまう今日この頃。

Posted by 高見鈴虫 on 14.2014 読書・映画ねた   0 comments   0 trackback
なんか最近本読んでねえんだよなあ。
読むのは英語の、それも参考書関連ばっかりでさ。
という訳で、この糞ブログに書き散らしている文章も、
なんかくどいばかりで屁づまらないものばかり。
自分で書いておきながら自分で吐き気がしてくるぜ。

やっぱそう、長文という媒体そのものに疲れが出てきているのか、と。
つまりはツイッター、つぶやき、ぐらいがちょうどいいのかな、と思いながら、
ますます馬鹿になっていく自分を感じる。
やれやれ。

で、その代わりって訳でもないけど、
週末に溜まっていたDVDをざざっと観たが、
どれも最初の5分、保つかもたないか、ってところ。
こんな糞映画を我慢してみるぐらいならさっさと次、
とやっているうちにどいつもこいつも、
少なくとも2時間を費やす価値が見当たらず。

で、そん中でようやく最後まで見た奴をいくつか。



邦題は「アイ・ウェイウェイは謝らない」
これは面白かった。
あの中国でこのご乱行ぶり。まさに天晴れ、とは思いながら、
そうつまりは、海外にどれだけちゃんとしたチャンネルを持っているか、
ぶっちゃけ、外人をどれだけ巻き込むか、が命綱なんだよな。
日本の人権団体も見習われたし。

で、そう、なんか俺、ニューヨーク来たばかりのころ、
この人と会ったことあるような気がするんだよなあ。
確かトライベッカにあったシェルターってな地味なクラブで、
エックス持ってない?なんて話かけられて、
なんとなくそのまま朝までつるんでしまったような気がするんだが。。。
なんかパワフルなおっさんやったなあ、という印象が。



で、次、のこれ。

言わずと知れたジュリアン・アサンジ。



改めて露出狂のハッカーなんてなんかちょっと胡散臭えなあ、とも思っているが、
新しい時代のミック・ジャガーなんだそうだ。へえ。

こちら「フルムービー」らしく。なんだDVD借りることなかったのか。


で、次、邦題は「悪の法則」って言うらしい。



監督がリドリー・スコット。
で、役者がブラピからペネロペからとそーそーたる面子をそろえながら、
なんだよこれって感じ。

とか言いながらなんとなく最後まで観てしまって、すげえ後悔。
好きにやってくれよ、っと思わず丸めた鼻くそを画面にピンしてしまってまた凹んだ。


ちゅう訳で、なんかもう映画とかわざわざ観なくてもいいな、
二時間って時間が勿体無さ過ぎる、とか思ってしまって、
もう人類には映画なんて必要ないんじゃねえのか、
とさえ思っていたら、


最後に観たこれ、完全に持っていかれた。



邦題は、「ネブラスカ~ふたつの心をつなぐ旅」
有名なスターなど誰も出てないし、
派手なアクションも馬鹿げたCGもないのに、
ドキュメンタリーを除いて、
結局まともに見れた映画はこれだけだな。

がしかし、やっぱりなんとなく徒労感というか、
ああ、時間を無駄にした、という気がどどどどどっと。
気晴らしにも糞にもならなかった。
ああ、素直に勉強やってればよかったぜ。


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://shumatsuwotohnisugit.blog.fc2.com/tb.php/2304-69094b1f

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム