Loading…

カナダ・グースだ?笑わせる。俺にはスピーワックがある! そのなな

Posted by 高見鈴虫 on 12.2015 日々之戯言(ヒビノタワゴト)
そっか、やっぱスピーワック、米国での生産を中止したんだな。
おまけに、例のコヨーテ毛皮も実質もう無理らしい。

ってことで、うーん、やっぱ今のうちにスピーワックの純米国製、
買っておいた方がいいか、と常々思っていた訳で。



で、心残りなのは例のN2B。

例のトップレス・ガールさんのまっ金々の奴、と、
そしてコリアンの焼肉臭いシティー仕様の二着。

だが、実は、俺が本当に欲しかった奴ってのがまた別にあって。

それは、そう、これぞ本物といわれるフライト・ジャケット。

つまりは、サイズがかなり小さめで、丈が短すぎてゴム布で絞ってあって、
ジーンズの尻が丸々出てしまうぐらいの、
それでいて、マッチョにもこっとした質感で、しかも胸板は分厚いダブル仕様。
つまりそう、あの伝統的なフライト・ジャケット、ボンバーと言われているやつの定番中の定番。

で、ボンバーの定番であれば、もう色は光沢のあるメタリックなセージ色に決まっている訳で、
そして、俺がどうしても譲れなかったのが、
実はあのフライトジャケットの定番である裏地のオレンジ。
実は俺、あれがどうしても好きになれなくてさ。

確かにブルージーンに白のヘインズのTシャツ、そしてあのMA-1を引っ掛けて、ってのがまさに定番。
フリーウエイを単車でぶっ飛ぶってときに、
白いTシャツとの間にちらちらとオレンジが浮かぶってのは確かに格好良かったのだが、
あのオレンジ、街中においてはかなりおださ、というか、もろに場所間違えたブルーカラーって感じがして、
ああやっぱり、アルファーとかロスコーって、安物って感じがしちゃうんだよね。

という訳で、そう、やっぱりスピーワックな訳だ。
コヨーテ毛皮の高級感と、そして、至れり尽くせりの機能美。
やはりどうせ買うならスピーワックでしょ、と。

で、サイズかなーり小さめでセージ色のN2Bってのをずっと探していたのだが、
EBAYでようやく見つかったその一品。
しかも女性用、として出展されていて、サイズからなにからの表記がかなり怪しい。
普通だったらこんな間違いだらけの商品説明で買う奴はいないのだが、
そう、俺はすでにスピーワックのことは知り尽くしているわけで、
かなりピントのやばいサンプル写真に目を凝らした結果、
まさにこれ、これこそが俺の探していたもの。
うっし、これ買い、とばかりに、ちょっと緊張してBIT。
結果、BIT数、1.俺だけ(笑
という訳で、スタート価格そのままで購入した訳だが、
そいつが今日届いた。

いやあ、まさにスピーワック。
なにからなにまでスピーワック。
この質感。この着心地。このコヨーテ毛皮。
いやあ、やっぱ良いなあ、と思わず惚れ惚れ。
なんとタグ付の新品!
つまり匂いもなし(笑
いやあ、これ、まじで安い買い物した、と思ったら、

ぬぬぬ、なんかジッパーが、ひつかかるぞっ!

まさか、スピーワックのジッパーがひっかかる?それありえねえ、と思っていたら、
なんとそれ、我が、YKKではないか!

スピーワックがYKKのジッパー?ありえねえ、とか思った訳で、
思わずこれ、偽者?とタグとかいろいろ見てみたが、やはりこれ、スピーワック以外のなにものでもなく、
ってか、もうコヨーテ毛皮なんでスピーワックしか使ってないでそ、と。

そっか、スピーワックもYKKか、と思うと、なんとなく感無量、というか、ちょっと微妙。

と言う訳で、はい、我が家にはこれでスピーワックのシュノーケルシリーズが合計5着。

かみさんからは、あんた、こんな似たような服ばっかりそろえて、どうするつもり?
とほとほと呆れられているのだが、そう、だってスピーワックなんだもの、なのである。

そう、スピーワックなのだ。スピーワックだからなのだ。

ちゅうわけで、このスピーワック。

できることならば、そう、
棺おけに入る死装束用に、
オリジナルの純アメリカ製のあの黒のN3B。
あれをもう一着買っておきたいな、とは思っている。






プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム