Loading…

おじさん怖かったの~小話集 そのじゅうさん 「愛死す家族が深夜に橇遊び」

Posted by 高見鈴虫 on 19.2015 大人の語る怖い話
一昔前まで、夜のセントラルパーク、と言えばそれこそ無法地帯。

わざわざ殺されに行くようなものであったのだが、
近年の治安の改善で、どんな真夜中でも犬の散歩でもできるようになった。

がしかし、この寒さ、体感気温マイナス20度の極寒の夜。
まさかこんな日に、真夜中にわざわざ公園になど行くものがいるものか、
と思って出かけた犬の散歩。
がやはりそこが甘かった。

なんと、家族連れが橇遊びをしているではないか。

でその家族、お父さんお母さんと、子供がふたり。
その四人がすべて、上から下まで真っ黒けの黒装束。
おまけに四人ともに、黒いスキー用フェイスマスクを被っていて、
その姿はまさにかの愛しすの姿そのもの。

愛しす家族が深夜に橇遊びかよ。

近頃安全になったと言われるニューヨーク、
これほどまで、とは知らなかった。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム