Loading…

日本人の頂上のふたりが破綻した結果・・・

Posted by 高見鈴虫 on 23.2015 嘗て知った結末
ここまで浮世から遠ざかってしまうと、
YAHOO JAPANを彩るエンタメのゴシップネタなど、
糞面白くもなんともない訳だが、

そんな俺でも、ちょっと気になっていた日本人、

俺的に、日本人で一番格好いい男、と言えば、文句なしでダルビッシュ。

で、一番かわいい女、と言えば、普通の意味ではやっぱ、カトパンでしょ、と。

で、なんとその二人がもしかして、ってな記事を見つけた時には、

うへえ、絵に描いたような日本一同士、ながら、なんとなく出来すぎ過ぎ、というか、
正直、へえ、ダルビッシュってやっぱ、そのぐらいの男だったんだな、
あるいは、カトパンもその程度か、と言うか、まあ、かなーりがっかりだ、とは思っていた。

が、そう、ダルビッシュは、あるいは、カトパンは、それを選ばなかったってこと、なんだよね。

ふーん。

あらためて思うに、

ダルビッシュこそは、それが日本人であれば、99%の女は自由に選択できる力のある人。
で、
カトパンこそは、それが、まあその逆。
どんな男だって、カトパンからまじめに迫られたら、うーん、と考えてしまったりもするだろう、と。

が、そう、そんな日本人の頂点同士がくっつかず、で、これを選ばずしてなにを選ぶんだよ、
と思ったところが、

へえ、な訳である。

俺はこの山本聖子ってひとをよくしらないのだが、
女子レスリングの人?
つまり、そう、体育界も体育界、まさに体育界一家生まれ育ちの根っからの体育人であった訳か・・・

うーん、やっぱ、ダルビッシュ、奥深えなあ、と改めてちょっと見なおしたところもある。

あるいは、ただ、僻地在住の人恋しさで思わずドボンしちゃっただけなのかな。

まあしかしながら、まあそのレベルにも寄るのだろうが、
やっぱなあ、男はいい女を選ばなくっちゃなあ、と思う。

で、そのいい女ってを選定する査定基準、というかまあ美意識が、
つまり、自分自身にとって一番必要となる人、となる訳で、
つまりそう、そういう自分自身にとってのいい女を選ぶためには、
まずは自分がどういう人間で、なにを目指しているのか、
その自分の美学、あるいは価値観を、しっかりと把握していなくてはいけない、と。

という訳で、はたしてカトパンはどんな人を選ぶのであろうか。

またろくでもないせーねんじつぎょーか、とか、あるいは、そう、女子アナと言えばプロ野球、ってな、定石通り、
なんてことになるのかな。つまり、あんまり期待していなかったりもして・・(笑

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム