Loading…

もしも女が自分に目覚めたら・・

Posted by 高見鈴虫 on 23.2015 嘗て知った結末
そう、で、もしもカトパンが自分に目覚めたら、なんてことを考えながら、

いずれにしろ、もしも女が、自分の道を見極め、自身の道を邁進しようと決意した時、

それってもしかして、精子バンク? とかと思ったりする。



妄想的に理想ばかりを追求した挙句に、
好みのセレブ、あるいは、アスリートやらの「種」を購入して、あとは勝手に育てます、
ってなことになるのかな、とか思うと、なんとなくやれやれではあるのだが。

で、もしか、カトパンが、いきなり、ベッカム、やら、ブラピ、やら、
果ては、バラック・オバマか、ビル・ゲイツ、
あるいは、ちょっとリスキーだが、スティーヴン・ホーキング とか、
なんていう精子を購入して、なんてことになったら・・・

かなり日本中がぶっ飛ぶのでは、とも思う。

という訳で、もしも俺が女だったら誰の精子を買うかな、と考えてみたりもする。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム