Loading…

雪道散歩の秘密兵器 「STABILICERS」

Posted by 高見鈴虫 on 23.2015 犬の事情


土曜日曜と妙に気候が良くて、
まるで肩の重荷を下したように、
ああ、これでようやく冬も終わりか、
と思った矢先にこのアラスカ日和に激しく逆戻り。

土日のポカポカでズブズブに溶け出していた雪が、
とたんに凍りついてはまさに街中がスケートリンクで、
まさに犬の飼い主たちは無様なペンギン歩き、
あっちでよたよたこっちでよたよた。

はしゃぎ回る犬に引っ張られ、
あるいは、体当たりをされて転倒、なんてことになると、
下手をすると骨を折ったり、
或いはぎっくり腰。
いやあ、危ない危ない。
犬の散歩も楽ではない。

とそんな中、まさに一面がスケートリンクの雪原を、
ざっくざっくとまるでスキップを踏むように歩いてくるご婦人。

なんだなんだ、と思わず呼び止めてしまえば、

ああ、これね、と見せてくれたのが、
なんと靴に着脱できる式の滑り止め。

その名も、「STABIL ICERS」






つまりは登山で言うところのアイゼンという奴。

どうも見たところ、ベルトで靴に装着できる、
アタッチメント型の、というよりぶっちゃけサンダル、
その靴底に、爪、あるいは釘、というよりも、
それまさにネジ。
PCを分解した時に大量に発生するあのネジ、
あの見慣れた機械用ネジがその靴底部分に装着してあって、
そう、この刃、というかネジが無くなってしまったときにも、
くるくる、ですぐに装着可能、というらしい。

ネジかあ、へえ、考えたなあ・・・

値段もお手頃ってなことで、
うーん、確かに、
雪道で転ばされて痛い思いをするぐらいなら、
あるいは、ゴツイ靴底のスノーブーツを新たに購入するぐらいなら、
思い切ってこれを買ってしまった方が、コスパも良いというわけか。

がしかしこれ、それなら自分でも作れそうだぞ、
なんて余計なことを考え始めては、このシーズンも終わっていくのであった。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム