Loading…

おいおい、時事爺放談かよ

Posted by 高見鈴虫 on 27.2015 アメリカ爺時事
よおよお、久しぶり。

おお、まだ失業中だが、

まあでもこっちは、再就職に年齢制限やらもねえし、
いちおうそれなりの資格も取ったしな。

それで余裕ぶっこいてる訳でもねえが、

ここまで来ると、けつまくって気長に見てる、ぐらいしかやりようもねえってのは確か。

一度でも底を見ちまうと、変に度胸がついちまっていけねえよな(笑


>あのニュース

ああ、見た見た。

ガキの愛しすごっこだろ?

まじ胸糞の悪い事件だよな。
ただ、高校生が中学1年生をいたぶり殺すっていうシチュエーションがよく判らねえ。

なんとなく変態臭っていうか、
じゃなかったら、ビジネス。
なんとなく、不良ってよりも、ビジネスとして悪をやってるこども、って気がするな。

いずれにしろ、仁義ってか、不良の美学というか、
そう、格好悪すぎる、というか、節操なさすぎというか、
まあそれをぶっこするのが悪とおもってるんだろうが、
やりかたがエグすぎるっていうか、違うとこみてるんだろう。

まあそれも、大人の真似、世相の反映ってことなんだろうけどな。

結果だけみると確かに酷すぎるな、とは思うが、これはただの氷山の一角だろ、とも思ってるよ。

死なずにすんだけど、似たような目に合わされてる、って奴はいくらでもいる、と思うがどうだ?

と同時に、ところで親はなにやってたの?と思うおれはやっぱりおさん?



>時代

いや、俺はそうは思わねえなあ。

まあ今回の事件はあまりに猟奇的っぽいけど、
呼び出して〆た〆られた、なんていうレベルでは、
いまも昔も、ガキのやってることに大した違いがあるとも思えねえな。

俺らの時代だってまあ、さすがに中一はなかったにしても、わりと似たようなことはあったわけだしさ。

無抵抗なやつを面白半分にいたぶり殺すってのがあったとしたら、そら気味悪いわな。

小学生が、カエルの口に爆竹っつこんで、とか、猫の尻に辛子塗って、とか、
そのレベルの無邪気さで、人を殺しちゃってるんだとすると、
これは猟奇性ってよりも、幼児性なんじゃねえのか?と思うがどうよ。

>マスコミ。

たしかにな。

違ったのはマスコミなんじゃねえのか、とは常々思ってる。

俺らのころは、ガキの喧嘩に親が出るってはやっぱりご法度だったしさ。
その辺りの最低の倫理からして、大人自らが壊しちまってるという気がする。

で、
ガキの喧嘩をマスゴミが寄ってたかって飯のタネにする、
大人がガキを食い物にするっていう縮図があまりにあからさますぎて、
で、ガキもそれで足元みちまってる、ってのが真相って気がするがどう?

俺らの頃のことだって、
いまだったら立派に新聞沙汰、すっかりマズゴミに食いまくられることになったんだろうな、
と思うと、へえ、とも思うが、
それをされればされるほど、調子こいて暴走する奴か、
あるいは、それを逆手に取って、なんて奴もでてくるんじゃねえかな、と思うがな。

なんで、まあ、
大人からさんざん食い物にされるいまのガキ、まったくかわいそうになあ、と思ってたりするが、

がしかし、ガキはガキで、そんな大人をパシらせては鼻で笑ってるわけだろ?
どっちもどっち、っていうか、同次元すぎ、って感じがするね。


まあ確かに、あの時代、もっと世間も柔らかい、というか、
ガキはもっとがきらしく、大人はしっかりと大人のふりをしていてくれた、とは思う。

さんざんぶん殴りやがった後に、

まあ、男の子は元気なほうがいいよ、あっはっは、

なんていう先公やらお巡りやらもいたぐらいで、

そういう意味で俺らの方が甘やかされていた、というか、
だがそれによって、なんとなく、今よりもちょっと社会に居場所がある、
っていうか、
そう、甘えさせて貰える余裕があった、って気はするよな。


その甘えが、諸悪の根源であったと反省すると同時に、
その甘えが、最後の防波堤になっていた、とも思っているがどう?




>アメリカは

アメリカは確かに少年法みてえのはないみたいだな。

ガキであろうがなんであろうが、
下手踏めばそのまま実名も顔も報道=晒されてる。

で、結果、

実名も顔も晒された後なので、
出てきた後も、社会復帰は完全諦めていて、
その後の更生の余地はまったくなし。
ほとんどの奴らが迷いもなく極道街道まっしぐら。
出たり入ったりを一生繰り返す、と。

まあ、マーク・ウォールバーグみたいな人もいるし、
俺の周りのバンド系にも割りと入ってた奴多いよ。
ええ、お前も入ってたの?みたいな(笑
でもまあそれはヤク絡みだったりで、
さすがに殺人で入ってた奴は知らないがな(笑

ただ、ソーシャル・グループとかで、そういう入ってたやつ同士が、
互いに支援しあって、っていう組織もたくさんある。

なので、そういう元犯罪者でも、
まともにいきたい、と思った奴を、
社会でもちゃんと受け入れてやれる土壌ってのは、
しっかりと用意されている、という気はするな。




>再犯率、

一度入っちゃうと、まあ、最悪でもあそこに戻るだけ、
なんて変な度胸が付いちゃうから、
すぐにけつまくっちゃうってところがあって、
そういう意味では、再発率が高くなるってのもあるんだろうがな。

まあ住めば都じゃねえがさ。

俺もさすがに入ったことはねえんで判らないし、
当然、わざわざ入るつもりもないし、
できることなら入りたくない、ので、入らないようにいつも気をつけてます、と(笑


それはアメリカでも日本でも同じだろう。




>親

アメリカでは犯罪者の親は詫びるどころか、
うちの子供は悪くない、としゃあしゃあと言うぜ。

世間から轟々の避難を浴びても、

いやあ、あたしはうちの子供を信じてる、
と世間全てを敵に回しても頑張る。

そんな親だからガキがああなるんだな、とも思うが(笑

まあアメリカらしい、といったそれらしい。

でもなあ、
ことが起きてからそんなに頑張るぐらいなら、
その前から、ちゃんとしつけぐらいしろよ、とはみんな思ってるがな。


まあ俺らもこうして、
幸か不幸か、親の立場に立ってものが考えられるような年齢まで生きさらばえた訳だが、

ぶっちゃけ、半分、ってか、90%は親の責任、って思うよな。

中学1年生が、朝まで帰ってこなくて、文句のひとつも言わねえ親、
あるいは、捜索願も出さないって、やっぱり、まあそこに原因がある、
ってのは誰もが思ってるわけだろ?
思ってなかったらアホだよ、アホ。


まあ確かに、親には親の事情があるんだろうが、

ほとんど大抵の大人は、
そういう事情に陥らないために、日夜がんばってるわけでさ。

ただ一度そういう事情に落ち込んじまうと、もうどこにも助けがねえ、っていうか、
ぶっちゃけ、社会に受け皿がねえってのに問題があるんじゃねえの?

その問題を是正しない限りは、なにをやっても無駄。

テンパった親>子育て放棄>非行化>ギャング化

っていうパターンはなくならねえだろし。

少年法云々よりも、そっちの方が先じゃねえの?と思うがどうよ。





>福祉に胡座をかいて

まあ、そういう奴もいるんだろうが、そうじゃねえ奴もいるだろ?

そうじゃねえ奴のほうが多い、と思ってなかったら社会に意味なんてねえだろうが。





>アメリカのガキ

こっちの悪ガキは、まあガキじゃ済まねえな(笑
一番タチが悪いっていうか、犯罪 = ガキ って感じ。

なんで、かわいそう、とか、この子たちの将来、なんて意識は全然ない。

あの迷惑なキチガイ、早くぶっ殺してくれ、って平気で思ってるし、

そんな奴らに、温かい目、なんて、ご冗談でしょって感じ。

なので、ちょっとガキが騒ぐとすぐに警察が呼ばれて、

で、やってきた警官は、もう血も涙もないぐらいに、めった糞の半殺し、

あるいは、有無を言わせず銃殺、とか(笑

ガキも本気なら警官も本気。思い切りハードコア。

この間のデモじゃないが、

そういう警察のやり方を非難する声も大きいが、
そんな警察の蛮行によって、市民の命が守られているってのは実はみんな判っている。

で、警察がそれをやればやるほどにガキどもも悪質化する、と。

まあそう、これも悪のスパイラルなんだがな。

なので、アメリカが良いの、日本が良いの、なんていう質問がはなからナンセンス。
なんてったてこっちは奴隷制の国だからな。
ガキのギャング化は奴隷の反乱。なのですぐに吊るされる。


>少年法改正。

法律を変えたからって言って、
だったらガキがみんなビビって良い子になりますか、とは思えねえな。

少年法があろうがなかろうが、やるときはやるだろうし、逆に開き直ったガキが増えるだけ。
結果、もっと凶悪化するだけ、だと思うね。

逆に、
おっと、うっかりやっちまったぜ、みたいなケースで、
極悪人扱いされた奴が、それを逆恨みして超極悪人化する、って弊害の方が多い、
と思うがどうよ。

キースの例をあげる訳じゃねえが、
なんの間違えか入っちまった奴だって、出てきた後も、ああして一応はまともに暮らしてる奴もいる訳でさ。

あいつだって、言ってみれば少年法に守られて、あの時点で一生を台無しにされてなかったから、
いまのあいつがある、とも言えるわけだろうが。

まあ確かにそのまま一生を極道暮らしでぶっちぎるなんて奴もいるにはいたが、そのうち疲れるだろうと。

疲れた時に受け皿がねえと、行き場をなくしてもう塀の向こうしか帰るところがなくなっちまう訳でさ。

そういう奴に受け皿を作ってやることじたいが先決と思うがどうよ。






>犯罪者

いや、犯罪者 = 法律を破った人、ってことで言えば、

その法律ってのも、時と場合によって変わってくるわけだろうが。

例えば、2チャンネルっていうの?あんな匿名掲示板で、

犯人はこいつ、とか書き込みしていた奴が、

明日から法律が変わって、はい、そーゆー書き込みは犯罪行為です、
ってなことでいきなり犯罪者にされしまうこともありえるわけでさ。

で、そうやって、いきなり犯罪者にされた奴らが、

実名から、顔写真から、親から兄弟からの写真からをみんな暴かれては晒し者、

ってことも、ありえない訳ではないわけでさ。

それを思ったらそうそうと、犯罪者=悪、なんてことも言えないわけだろ?






>原因

実は、そう、この事件のニュース見ながら、

例の女子プロレスの、喧嘩マッチで顔面崩壊、とか見てたんだけどさ(爆

なんか、同根って気がしてんだよな。

つまり、情け容赦なさすぎっていうか、

てめえが強い、と思ったら、もう徹底的に最後まで頭に乗っちゃう、

みたいな、なんていうか、節操がねえ、っていうかさ。

まあ、見てる方も、より強い刺激を求めて、とかからそういう方向に言っちゃったんだろうが、

そういう、刺激志向が、ここにきて一線を超えてどんどんグロくなっちまってるって感じ。

つまりはそう、なんどもいうが、世相の反映。それだけ。




>暴力

信じられないだろうが、アメリカでは暴力ネタって実はぜんぜんないんだよね。

俺も街の喧嘩、なんて実はほとんど見てないし、俺も巻き込まれたことって、数えるぐらいだな。

理由は、と言えば、つまりは、まあ、調子に乗ってると、
後になってから、いきなり ズドンとやられる、ってのが判ってるからでさ。

ガンの前ではすべてが平等っていう、あれね。

なんで、筋肉まっちょもりもりな奴がたくさんいるが、
だからと言ってそれを振り回す奴はあまり見ない。

それほどみんなバカじゃないっていうか。

あるいは、1000ドルも出せば平気で人殺し雇えちゃうし、

そうやって小銭稼いでは、次の日には南の島に里帰り、なんて輩がたくさんいるわけでさ。

まあ、ニュースに出ないだけでサウス・ブロンクスやら、ニューワークやら行けば、こんな話いくらでもあるんだろうが、
いまさらそんなニュースは誰も見たくないし、関心もねえっていうか。

つまり、前にも言ったが、警察のいないところに犯罪はない、っていうことでさ(笑

おれもしったことじゃねえ、と思っているし、関わり合いたくないだけ。





>最近の日本


まあなんか、最近の事件、ってか、この殺伐っての、

なんかさあ、ただたんに、みなさん、心が狭くなってねえか? の一言なんじゃねえ?


例の女子プロじゃねえけどさ、

相手が弱いとなったら、とことんやっちまう、なんていう、なんていうの、切れた奴っていうか、

まあそれもストレスなんだろうがな、歯止めがなくなっちゃう、臆病な奴ら、

なんか、虐待されて育ったピットブルとかそういうの多いんだけどね。

そう、なんかその、アビューズド・ドッグに特有する症状が、見受けられるがどうでしょうか?






>そう言えば、あの渋谷のとき、


そうそう、あの渋谷の時な。

何度も言うが、じつは俺はもうほとんど勝ってたんだよ。

ってか、いくらなんでもこの俺があんな三下に負けるわけはないでしょうと。


ただ・・・
負け惜しみと言われればそうなんだが、

最後の最後でとどめが刺せなくて、で、
ああ、このままやったら、こいつ死んじまうだろうな、
とか迷ってたら・・・
いきなりそいつの仲間に後ろからヤられた。

で、そう、俺って、トドメをさせない人なんだな、と思った(笑


で、そう、あの時、教訓としては、

ああ、やっぱり、喧嘩で躊躇したらその場で負けなんだな、
とどめはきっちり刺さなくっちゃな、とは思ったけどさ。

あるいは、相手は二人なら二人、三人なら三人ように喧嘩のやりかたも変えねばな、と学んだ(笑


で、いま思うと・・・うーん、微妙。

ただ、止め刺さなかったお陰でむしょにもはいらなかったし、

あと、あの場でとどめをさせないような俺だったから、
いま割りと幸せに暮らしてられるんじゃないのかな、とは思ってる。


今になって、いいんじゃねえの、とどめのさせない俺で、と思ってるよ。

あの時、とどめさしちゃえたような俺だったら、それはそれでまた違う人生の展開があったんだろうな、と思うこともあるが。




>物騒な世の中

そうか?俺はそうは思わねえぜ。

なんかこないだってもう何年も前だが、

日本人、すごく弱そうになったな、と思ったぜ。

なんかどいつもこいつもオカマみてえでさ。

少なくとも俺が日本にいたころ、こんな俺らにさえ、文句つけてくる奴、たくさんいたしな(笑

つまり、平均的に日本人が凄く弱くなって、そんな弱いやつばかりのなかで、
ちょっと時代間違えた元気な奴がすごく浮いちゃって居場所なくしちまってるってことなんじゃねえの?

なので、俺とか帰ったらもう完全にアウトでしょ(笑

だから帰らねえよ。安心しなって感じでさ。


おお、こっちでジムとか行くと、俺が逆立ちしても持ち上がらねえウエイトとか、
片手であげちゃう、なんていう化け物クラスが山ほどいるからな。

上には上がいる、っていうか、居すぎる(笑

なんで、そうそうとタフを気取るのも馬鹿馬鹿しくなってくるところもあってさ。

こっちのやばい奴とか、ヤクザ、どころかまじで前線帰り。

拳銃どころか、いきなりショットガン、どころか、機関銃とか、RPGなんてのもあるぐらいでさ(爆

上には上が居すぎるんで、そう、僕はもう、おとなしくしてまーすって感じで、

それが、心の均衡を保ってられる理由であったりもする。


>ニューヨーク

ってわけで、そう、元気な奴はアメリカおいで、と思うよね。うん。

日本はもう、元気な奴に居所ないでしょ?

一億総オカマ公家時代っていうかさ。

アメリカはもう、なんでもかんでも自己責任。

ここまで自己責任、とやられちゃうと、逆に落ち着くもんだよ。

上には上が居すぎるからな。タフなかおするだけバカだよ、ぐらいに思ってる。

プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム