Loading…

旅に出た理由は

Posted by 高見鈴虫 on 13.2015 旅の言葉
旅に出た理由は、

遺跡や美術館を回る訳でも、
絵葉書のような光景を観に行った訳でもない。

色んな人に出会いに行ったのである。

遺跡や美術品や絵葉書のような光景は、
そんな色んな奴らとの出会いの、
舞台ではありこそはすれ、主役ではなかった。

そう旅の主役はそこで出会う人である。

そして俺は色んな奴に会った。

色んな話をして、そして色んなことをやった。

男がいて、女がいて、
日本人がいて、そして様々な国の人間がいて、
ツーリストが居て、現地の人々がいて、
そして俺になにかを伝えた。
そして俺は、彼らになにを伝えたのだろうか。

旅は目的はそんな出会いなのだ。

だからずっとずっとインターネットでチャットばかり、
なんてのは、旅に出た意味などないんじゃないか?
と思う訳で、

旅になど出なくても、
インターネットだけで充足できる、
という人は、
つまりは、出会い、あるいは成長を望んでいない、
ということなんじゃないのかな、と思ったりしてた。

そういう人、やはりあまり興味がないな。

旅に出た時ぐらい、モニターを閉じていてくれないかな。








プロフィール

Author:高見鈴虫
日本を出でること幾年月。
世界放浪の果てにいまは紐育在住。
人種の坩堝で鬩ぎ合う
紐育流民たちの日常を徒然なく綴る
戯言満載のキレギレ散文集

*お断り 
このブログ記事はフィクションであり実在の人物・団体とは一切関係ありません藁

©終末を疾うに過ぎて...
無断丸々転載・そのまま転写はご勘弁ちょんまげ

月別アーカイブ

検索フォーム